自転車の事故|お母さんのための自転車の保険入門|保険ほっとライン

自転車向け保険

お母さんのための自転車の保険入門

次のステップ

子どものために知っておきたい お母さんのための自転車の保険

  • 自転車の事故
  • 自転車向けの保険について
  • 自転車向け保険の選び方
  • やっぱり気になる料金と商品

自転車の事故

1

自転車を取り巻く環境

自転車は誰でも気軽に乗れて便利な乗り物です。その一方でドキッとしたことはありませんか?

・震災以降の節電、エコブーム
・若者のクルマ離れ
・健康意識の高まり
・電動アシスト自転車の普及 など

自転車の人気が高まっている一方で、


・自転車専用レーンの整備が不十分
・車道は路上駐車もあって走りにくい
・歩道も狭く歩行者との接触の危険性が高い など

Point

子供でも満14歳以上は対象です。

2015年6月道路交通法の一部が改正されました。信号無視などの危険行為で、3年以内に2回以上摘発された場合は、講習受講が義務付けられました。

2

こんなに多い自転車事故

自転車事故件数は、全国でおよそ11万件!若年層の割合は約4割!

警視庁が発表している平成26年の自転車事故の発生件数は、全国でおよそ11万件でした。全国で1日に約300件の自転車事故が起きている計算になります。これは全ての交通事故の約2割にあたる数字で、自転車事故の発生率が決して低くないことを示しています。特に東京都ではこの比率が3割を超えています。
年齢層別にみてみると、自転車事故の約2割が高齢者。約4割が子供を含む若年層によるものです。

  • 子どもが大ケガをしたら
  • 相手に大ケガをさせたら
  • 停車中の車を傷つけてしまったら

万が一、賠償責任を果たせるだけの責任能力がない子どもが自転車事故を起こした場合、
親がその責任を負わなくてはなりません。
子どもが大ケガをした場合も大変ですが、相手に重篤な被害を与えてしまった場合、高額の賠償金額となることがあります。子供たちを守るためにも、まずは大人が自転車に対する意識を変える必要があるのではないでしょうか。

3

子どもであっても例外ではない

子どもや未成年者が加害者であっても、賠償金額は高額です。

自転車事故による高額賠償命令は後を絶ちません。
自転車走行中による事故での賠償責任が重くなっており、
9,000万円以上の賠償責任が課せられたという事例もあります。
子どもや未成年者が加害者であっても、賠償金額は高額です。

  • 【事例1】坂道を猛スピードで下り、歩いていた60代女性と衝突。被害者は寝たきりの状態に。[賠償額 約9500万円]
  • 【事例2】車道を斜めに横断し、対向車線で自転車に乗っていた20代男性と衝突。被害者は傷害が残るけがを負う。[賠償額 約9300万円]

子どもでも、14歳以上は刑事責任を問われます

  • 刑事上の責任
    刑事上の責任
    相手を死傷させた場合、
    重過失致死罪となる
  • 民事上の責任
    民事上の責任
    被害者に対する
    損害賠償の責任を負う

道路交通法上、自転車は車両の一種(軽車両)です。法律違反をして事故を起こすと、自転車利用者は刑事上の責任が問われます。また相手にケガを負わせた場合、民事上の損害賠償責任も発生します。

自転車向け保険について

無料

些細なことでも結構です

いつでもご相談ください

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問合せください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

店舗を探す
1分でカンタン入力!ネット予約フォーム

相手への補償、自分や家族の補償 きちんと備えていますか?

  • 自転車の事故
  • 自転車向けの保険について
  • 自転車向け保険の選び方
  • やっぱり気になる料金と商品