法人保険・事業保険 | 保険ほっとライン

法人保険・事業保険

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

【会社経営者のみなさまへ】はじめました法人保険の相談窓口

ご存知ですか?

法人保険だからできる3つのこと

法人にしかできない
有利な保障の持ち方があるのです。

1毎年の節税をしながら、

法人保険(事業保険)の場合は、商品の種類、契約の条件等によって、支払う保険料の一部、または全部を、経理処理上「損金」に算入することができるため、毎年の法人税を軽減できます。
将来解約返戻金を受け取る際は雑収入となりますが、赤字の補填としても活用できます。

※平成27年1月現在の税制による

2将来の貯蓄ができて、

解約返戻金のある商品は、支払った保険料の一部、またはそのほとんどを解約時に解約返戻金として受け取ることができます。
経営者ご自身の「勇退退職金」や、将来の「設備投資の資金」などを、計画的に準備できます。

3万一に備えた保障を持つ。

契約者の万一に備えて、会社や従業員を守るための資金を準備しておかなければなりません。「売上の減少」「借入金の返済」「後継者が軌道に乗るまでの資金」「死亡退職金」などの様々な資金需要が想定されます。
きちんと保障を持つことで、これらの資金を効率的に準備することができます。

例)長期平準定期保険 被保険者・ご契約年齢:40歳/保険期間・保険料払込期間:99歳まで

3つを同時に実現できるのが、法人保険(事業保険)です

※長期平準定期保険等

今すぐチェック

・どんな保障が必要なのか、よくわからない ・法人保険のメリットが、よくわからない ・法人保険はすべて任せていて、よくわからない ・もっと事業規模が大きくなってから考えたい

ひとつでも該当した経営者の方へ

法人保険(事業保険)は、様々なリスクから会社を守り、ご自身とご家族、
また従業員の皆様の日々の安心を支えてくれる大切なパートナーです。

法人保険がお役に立てることは、
たくさんあります

  • 経営者の資産形成
  • 経営者の死亡保険(事業保障・死亡退職金)
  • 医療保険やガン保険などの法人契約
  • 役員勇退退職金の準備
  • 従業員退職金の準備(福利厚生プラン)
  • 相続・事業承継対策

など

どうぞお気軽に
「法人保険の相談窓口」
をご利用ください。

訪問相談も承ります

無料

お気軽にご相談ください

― 解決したい事柄をお伝えください ―

  • 現在の保障内容についての確認・見直し
  • 税務・財務対策 (主に税金対策)
  • 経営者の資産形成
  • 経営者の死亡保障
  • 医療保険やがん保険の法人契約
  • 経営者の就業不能時の保障
  • 役員退職金の準備
  • 従業員退職金の準備
  • 相続・事業承継対策
  • 突発的な事故に対する補償
  • 自動車や建物等に対する補償

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険ほっとライン お客さまサービスセンター 0120-981-651 受付時間  9:00~21:00(土・日・祝もOK)

店舗を探す
1分でカンタン入力!ネット予約フォーム

お伝えします

私たちだからできる3つのこと

税理士に全部まかせているから…
1
法人保険・事業保険のプロがいます

現在のように多種多様の保険商品が販売される中、真に適切な保障を持つためには「保険のプロ」のサポートが不可欠です。特に法人保険(事業保険)については、生命保険、損害保険ともに精通し、かつ税務、会計、法律等についても幅広い知識を持った者が求められます。当社ではその様な「法人保険のプロ」がご相談を担当させていただきます。

特定の保険会社に相談しているから…
2
複数の保険会社から選択できます

お客様の状況や目的に合わせて、約30社の生命保険会社・損害保険会社から、最適な商品、プランを選びご提案させていただきます。

営業担当者がお世話してくれているから…
3
サービスショップ
お客様サービスセンター
きちんと倶楽部が、
連携してサポートします

保険の契約期間は長期にわたります。ご加入後もずっとご安心いただけるように、万全の体制でサポートいたします。法人保険(事業保険)の場合は、解約や名義変更のタイミングも重要です。

  • 保険金・給付金のお手続き
  • 各種事務手続き
  • 契約内容の見直し

法人保険と個人保険 きちんと整理できていますか?

『きちんとファイル』全てのご契約を一冊のファイルにおまとめします

まずは、まとめましょう!

「法人保険」と「個人保険」。
同じ保険だからと一緒くたにされていませんか。
私たちはまず、お客様がお持ちの保障をご一緒に整理させていただくことから始めます。その際にお作りするのが、すべての保障を一覧化できる「きちんとファイル」です。
法人保険、個人保険をきちんと分けて管理でき、また将来の保険金・給付金お受け取りの際の給付漏れなども防げます。

どうぞお気軽に
「法人保険の相談窓口」
をご利用ください。