死亡保障の加入金額の目安|よくあるご質問|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『よくあるご質問』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:よくあるご質問

死亡保障の加入金額の目安

よくあるご質問

世帯主が死亡した場合、ご家族の生活ために必要となる金額は、家族構成・現在の収入・資産状況・子供の年齢などによって違ってきます。 一般的に参考にされるのは、いざという時に必要な遺族の生活費や別途必要資金の総額から、遺族年金・死亡退職金・預貯金などのあてにできる収入を差し引き、その不足分を必要保障額とする考え方です。これは「必要保障額積み上げ方式」と呼ばれ、 不足分については生命保険などで準備することになります。

●必要保障額積み上げ方式

A.末子独立までの遺族の生活費
現在の1年間の生活費 × 70% ×( 末子の独立年齢 - 末子の現在年齢)
B.末子独立後の配偶者の生活費
現在の1年間の生活費 × 50% ×( 末子の独立時の配偶者の平均余命)
C.別途必要資金
教育資金、結婚資金(親の援助額)、住居費用、葬儀費用、相続費用、負債返済資金、予備費など
D.遺族の収入見込額
公的保障や遺族年金、企業保障や死亡退職金、弔慰金、自己資産(預貯金、有価証券、売却可能資産)、労働収入(配偶者などが働ける場合)など

必要保障額(死亡保障の不足額目安)
= 遺族の生活費(A.末子独立までの遺族の生活費 + B.末子独立後の配偶者の生活費)+ C.別途必要資金 - D.収入見込額

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『よくあるご質問』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

よくあるご質問

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部