契約者が行方不明になった場合、契約の解約について|よくあるご質問|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『よくあるご質問』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:よくあるご質問

契約者が行方不明になった場合、契約の解約について

よくあるご質問

契約者が行方不明の時、ご家族の方でも勝手に保険契約を解約することはできません。契約者以外の人が解約をする場合は、契約者本人から解約についての代理権を与えられていなければなりません。手続きをする上で、契約者本人の委任状が必要となります。

どうしても生命保険契約を解約しなければいけないような場合は、家庭裁判所に申し出て「財産管理人」を選定してもらいます。財産管理人は、契約者の財産の維持・管理をする人で、財産の処分行為をすることはできませんが、家庭裁判所から権限外行為の許可を得て財産を処分(解約)することができます。まずは、家庭裁判所に相談してみてください。

<失踪宣告(被保険者が行方不明になった場合)>

被保険者が失踪した場合、失踪してから7年間経過すれば、家庭裁判所に失踪宣告を申し立てることができます(普通失踪。このほか、沈没した船舶に乗っていた人などの生死が1年間不明の場合の特別失踪もあります)。

失踪宣告がなされると、「死亡」とみなされますので、死亡保険金受取人は保険金を受け取ることができます。この場合、保険契約を7年間(1年間)有効に継続する必要があるので、保険料を払い続けなければなりません。

失踪宣告されると、死亡したことになりますので、本人の戸籍は抹消されます。後日、本人(被保険者)が現れて生存が確認されると、失踪宣告が取り消されますので、受け取った保険金は生命保険会社に返還することになります。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『よくあるご質問』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

よくあるご質問

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部