生命保険に入っていたか調べられる?|よくあるご質問|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『よくあるご質問』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:よくあるご質問

生命保険に入っていたか調べられる?

よくあるご質問

まず、「保険証券」「ご契約内容のお知らせ」「生命保険料控除証明書」などの書類の確認します。書類が見当たらない場合は、預金通帳などから保険料が引かれていないかを確認してください。

会社員などの場合は、保険料を給与から引き去る「団体扱」にしている契約もあるため、勤務先の保険事務担当者に問い合わせてください。

契約している生命保険会社が分かったら、連絡をして手続きをとることになります。手続き等は保険金受取人が行う必要がありますので、受取人以外の人からの問い合わせの場合は、あらためて受取人から問い合わせることになります。

●書類や通帳でもわからない場合

書類や通帳でもわからない場合は、手がかりになるものとして生命保険会社の名前が入ったカレンダー、タオル、ティッシュなどがあります。

契約していたと思われる生命保険会社があれば、その会社の本社または支社に、下記書類を持参して、故人の氏名と生年月日で契約があるかどうか照会をすることができます。

  1. 「死亡診断書」など死亡したことが分かる書類
  2. 「戸籍謄本」など死亡した人と契約照会をする人との関係が分かる書類
  3. 「運転免許証」など契約照会をする人について、本人確認ができる書類

契約照会をする場合、基本的には個別の生命保険会社に1社ずつ問い合わせることになります(大震災による特別な照会制度が設けられる場合を除きます)。しかし、生命保険会社は多数ありますので、まったく手がかりがないという場合は、弁護士に依頼して契約照会をしてもらう方法もあります。

弁護士は、その弁護士が所属している弁護士会を通じて生命保険協会あてに契約照会を行います。弁護士会は、その申し出が適当でないと認める場合は拒絶することがあります。弁護士会から照会があった場合、生命保険協会では、加盟生命保険会社全社に契約照会を取り次ぎます。弁護士を通しての契約照会は、費用(少額)とある程度の時間が必要です。

民間の生命保険会社以外のもの(JA・全労済・県民共済等の共済、損害保険など)は、それぞれ別に契約照会する必要があります。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『よくあるご質問』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

よくあるご質問

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部