相続放棄をした場合の死亡保険金の受け取りに関して|よくあるご質問|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『よくあるご質問』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:よくあるご質問

相続放棄をした場合の死亡保険金の受け取りに関して

よくあるご質問

契約者と被保険者が同一人の場合、死亡保険金は相続財産ではなく、保険金受取人の固有の財産です。相続を放棄しても死亡保険金は受け取れます。ただし、税制上は「みなし相続財産」として、相続税の課税対象になります。

例えば、契約者・被保険者が夫、死亡保険金受取人が妻の場合、妻が受け取った死亡保険金は妻の固有の財産になります。死亡した夫の財産ではないため、妻は相続を放棄しても死亡保険金を受け取ることができます。

<相続税を計算する際のポイント>

●生命保険金の非課税金額の適用を受けることはできません
死亡保険金は通常、一定の生命保険金が非課税とされていますが、相続を放棄した場合は相続人とはみなされないため、生命保険金の非課税金額の適用を受けることはできません。
相続放棄をした本人は非課税の適用を受けることはできませんが、非課税金額を計算する際の法定相続人の人数には相続放棄をした人も含めます。
※相続人が保険金を受け取る場合に限り「500万円×法定相続人数」の額が非課税となります。非課税金額を計算する際の法定相続人の人数には相続放棄をした人も含めるため、例えば、
法定相続人が3人=妻・子A・子B
死亡保険金受取人が2人=妻・子Aで、子Aが相続放棄した場合、
妻の非課税枠は「500万円×3人=1,500万円」になります。
●相続税の基礎控除は適用になります
相続税の基礎控除=5,000万円+1,000万円×法定相続人の人数
死亡保険金が基礎控除の範囲内であれば、相続税はかかりません。
例えば、法定相続人が3人=妻・子A・子Bで、全員が相続放棄した場合でも
相続税の基礎控除は「5,000万円+1,000万円×3人=8,000万円」です。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『よくあるご質問』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

よくあるご質問

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部