銀行などによる生命保険の「窓口販売」について|よくあるご質問|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『よくあるご質問』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:よくあるご質問

銀行などによる生命保険の「窓口販売」について

よくあるご質問

生命保険は、銀行や信用金庫など生命保険会社以外の金融機関の窓口でも販売されていることがあります。これが生命保険の「窓口販売」や「窓販」などといわれるものです。

銀行などが保険代理店として保険加入者と生命保険会社の間をとりもつ(媒介する)だけですので、銀行などで加入しても、生命保険契約を生命保険会社と結ぶことになります。生命保険会社の「保険商品」に加入することになります。

銀行などが独自に取り扱う預金商品とは違いますので、契約前に内容をよく確認する必要があります。

生命保険の契約が結ばれると、責任開始期以後の照会や手続きは、契約者が生命保険会社に対して行うのが一般的です。

●生命保険と預貯金の相違点

  • 生命保険では所定の受取事由に該当したときに保険金や年金などを受け取れます。必要なときに必要額を払い出すことはできないため、預貯金のような自由さはありません。
  • 生命保険では保障額が積み立てられているいないに関わらず、所定の受取事由に該当したときに保険金や年金などを受け取れます。少ない金額で、大きな保障を受けることができる保険に対して、預貯金はためた分しか残せません。
  • 生命保険では、払い込んだ保険料の累計額よりも、解約時に受け取る解約返戻金が少ない場合があります。
  • 生命保険会社が破綻した場合、各契約について破綻時の責任準備金の原則90%までが保証されます。1,000万円までの元本とその利息が保護される預貯金とは制度が異なります。
  • 死亡保険金には、遺族の生活を守る支えるという意味合いで税制上の優遇措置があります。預貯金などの場合は相続財産として死亡時の残高が相続税の対象となります。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『よくあるご質問』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

よくあるご質問

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部