生命保険で備える病気・ケガの保障|医療保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『医療保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:医療保障の知識

生命保険で備える病気・ケガの保障

医療保障の知識

  • 病気やケガで入院したり、所定の手術を受けた場合に給付金が対象となります。主として医療保障が目的のため、死亡保険金がない場合、また、死亡保険金が対象となったとしても、保険金額は少額です。
  • 基本的な病気やケガに対する保障以外に、がんの特約や成人病の特約などを付加することができる場合や、あらかじめセットされている場合もあります。
  • 保険期間は5年・10年などの年数で決めたものを満期時に更新していく「年満了(更新)タイプ」、60歳満期・80歳満期など一定の年齢で決める「歳満了タイプ」、一生涯医療保障が継続する「終身タイプ」の3つがあります。「終身タイプ」には保険料の払込期間を決めて払い終える(60歳払込満了等)「短期払いタイプ」と、一生払い込みを続ける「終身払いタイプ」があります。
  • 年満了(更新)タイプは、一定の年齢(80歳、90歳など)の範囲内であれば、健康状態にかかわらず、無告知、無診査等で自動的に契約を更新できます。(更新の手続きは不要の場合が一般的です)更新時の年齢で保険料を再計算しますので、更新ごとに保険料が上がります。
各保険会社、保険商品により、保険期間や払込期間、保障内容、更新時の取扱いなどに違いがありますので、注意が必要です。
医療保障の「特約」で、病気・ケガの「万が一」に備える
死亡保障などの「主契約」に、医療保障の「特約」を付加することで、病気やケガに備える方法もあります。「特約」とは「主契約」に付加するオプション契約で、「特約」をつけることにより保障内容を充実できます。「主契約」だけでの契約は可能ですが、「特約」だけでの契約はできません。
  • 一般的な医療保障の「特約」は、病気による入院を保障する「疾病入院特約」、災害や事故によるケガの入院を保障する「災害入院特約」があります。病気やケガで所定の手術を受けた場合、疾病入院特約の手術給付金が対象となります。
  • 生命保険会社、保険商品ごとに付加できる「特約」の種類や条件が異なります。
  • 「主契約」に満期がある場合、一般的に主契約と同一の保険期間です。
  • 「主契約」が終身保険や終身年金などの場合、主契約の保険料払込期間満了後、80歳まで継続できることが一般的です。「主契約」の払込期間満了時に、一生涯保障に変更できる場合もあります。「主契約」の払込期間満了後も特約を継続したい場合、特約保険料を一括して前納するか、年払などで払い込む必要があります。
  • 終身保険などに定期保険特約や医療関係の「特約」を付加する場合、「特約」の保険期間には、【全期型】と【更新型】があります。
【全期型】
特約の保険期間は、一般的に主契約の保険期間と同じになります。 ただし、主契約が終身保険の場合は、原則80歳までとなります。特約部分の保険料は契約時から特約期間満了時まで一定です。
【更新型】
契約した時、「特約」の保険期間を、10年や15年などに設定し、期間が満了したときには健康状態に関係なく、 同一の保障内容で更新されますが、更新後の保険料は、通常高くなります。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『医療保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

医療保障の知識

生命保険商品について

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部