FAQ:介護費用が生じた場合などで、税制面での支援|介護保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『介護保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:介護保障の知識

FAQ:介護費用が生じた場合などで、税制面での支援

介護保障の知識

介護保険で受けられる看護、リハビリなどの一定のサービスに対して支払った自己負担分か、医療費と合わせて年間10万円(所得金額が200万円以下の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額を所得から差し引くことができます(医療費控除)。これにより、所得税・住民税の負担が軽減されます。医師発行の「おむつ使用証明書」などがあれば、おむつ代も対象になることがあります。なお、医療費控除を受けるには、税務署への確定申告が必要ですので、サービス事業者や施設が発行する領収証を、忘れずに保管しておいてください。

※公的介護保険制度の詳細は、市町村の公的介護保険制度の窓口までお問合せください。
※本記載は、平成23年6月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。
税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。
また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。

保険のこと、何でもご相談ください。まずは無料相談

『介護保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

介護保障の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部