FAQ:介護が必要になったときに、公的介護保険の手続や生命保険会社の介護保険の請求手続が困難な場合|介護保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『介護保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:介護保障の知識

FAQ:介護が必要になったときに、公的介護保険の手続や生命保険会社の介護保険の請求手続が困難な場合

介護保障の知識

介護保険の請求などに限らず、生活全般での意思決定について困ったことがおきた場合や、高齢者の介護や日常生活の悩みなどについて、各都道府県の高齢者総合相談センター(名称が異なることがあります)や、「地域包括支援センター」に相談することができます。介護予防などの支援を受けたりすることもできます。

また、認知症や精神障害などで判断能力の低下した人を支える「成年後見制度」があります。さらに、同制度には資産管理などについて、白身の判断力が衰える前に「後見人」を選んで契約する「任意後見制度」もあります。いずれも、弁護士や司法書士などに相談し、公証役場・法務局・家庭裁判所などへの手続きをとります。

※公的介護保険制度の詳細は、市町村の公的介護保険制度の窓口までお問合せください。

保険のこと、何でもご相談ください。まずは無料相談

『介護保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

介護保障の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部