FAQ:公的介護保険で認定された要介護度の区分は、変更されないのですか|介護保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『介護保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:介護保障の知識

FAQ:公的介護保険で認定された要介護度の区分は、変更されないのですか

介護保障の知識

要介護認定の有効期間は原則として12ヵ月(初回認定の有効期間は6ヵ月)となっています。しかし、お年寄りや病気をもっか方の心身状態は安定していることは少なく、時には急変する場合も考えられます。このような危な変化があった場合には有効期間内であっても要介護度の変更を申請できます。なお、「自立」と判定された後に介護が必要になった場合にも再申請できます。

また、要介護認定の結果に不服がある場合は、市町村窓口に申し立てをします。その結果にも不服がある場合、認定通知を受けた日の翌日から60日以内に都道府県の「介護保険審査会」に審査請求することができます。それでも納得がいかない場合、行政訴訟で最終判断することになります。

※公的介護保険制度の詳細は、市町村の公的介護保険制度の窓口までお問合せください。

保険のこと、何でもご相談ください。まずは無料相談

『介護保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

介護保障の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部