公的介護保険の概要|介護保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『介護保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:介護保障の知識

公的介護保険の概要

介護保障の知識

介護が必要になった場合、公的介護保険から介護サービスを受けられます。まず、公的介護保険の仕組みと内容を理解することが、介護の「万が一」に備える第一歩です。

公的介護保険とは?

「公的介護保険」とは、介護が必要になった時に、介護サービスを受けられる社会保険制度です。40歳以上の人がを被保険者とし、介護保険料を納めます。介護が必要であると認定された時に、費用の一部(原則一割)を支払い、介護サービスを受けることができます。65歳以上の方を「第1号被保険者」、40~64歳の人を「第2号被保険者」といわれ、「第1号被保険者」と「第2号被保険者」では、公的介護保険による介護サービスを受けられる条件や、保険料、納付方法などが違います。

65歳以上の「第1号被保険者」

要介護状態になった原因が何であろうと、公的介護保険の介護サービスを利用することができます。

40~64歳の「第2号被保険者」

老化に伴う特定の病気によって要介護状態になった場合に限り、公的介護保険の介護サービスを利用することができます。
したがって、それ以外の原因で要介護状態になった場合は、公的介護保険の介護サービスを受けられません。

40歳未満の人

公的介護保険制度の対象外です。

【参考】40歳~64歳でも、公的介護保険からの介護サービスが利用できる特定疾病

  • 初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症等)
  • 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞等)
  • 関節リウマチ
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • パーキンソン病関連疾患(進行性核上性麻痺・大脳皮質基底核変性賞・パーキンソン病)
  • 脊髄小脳変性症
  • 早老症(ウェルナー症候群)
  • 多系統萎縮症(シャイ・ドレーガー症候群等)
  • 脊柱管狭窄症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、糖尿病性網膜症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎等)
  • 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 末期がん(自宅療養中で、小児がん等を除く)

公的介護保険のサービスを受けるには要介護認定が必要

公的介護保険からのサービスを受けるには、「介護を要する状態にある」との認定、つまり「要介護認定」を受ける必要があります。

  • 本人または家族などからの申請により、市町村の「介護認定審査会」が要介護認定の審査・判定を行ないます。
  • 要介護認定は、介護を必要とする度合いに応じて、「要支援1~2」「要介護1~5」の7段階に分けられます。
  • 要介護認定は、初回は原則6ヵ月で、その後原則12ヵ月ごとに見直されます。
    ※納得できない場合、介護認定審査会に不服を申し立てることができます。
  • 心身の状態が急変した場合などは、有効期間内であっても要介護度の変更を申請できます。

参考:要介護認定の身体状態のめやす

要支援:1

要介護状態とは認められないが、社会的支援を必要とする状態。
食事や排泄などはほとんどひとりでできるが、立ち上がりや片足での立位保持などの動作に何らかの支えを必要とすることがある。
入浴や掃除など、日常生活の一部に見守りや手助けが必要な場合がある。

要支援:2

生活の一部について部分的に介護を必要とする状態。
食事や排泄などはほとんどひとりでできるが、時々介助が必要な場合がある。立ち上がりや歩行などに不安定さがみられることが多い。問題行動や理解の低下がみられることがある。この状態に該当する人のうち、適切な介護予防サービスの利用によって、状態の維持や、改善が見込まれる人については、要支援:2と認定される。

要介護:1

生活の一部について部分的に介護を必要とする状態。
食事や排泄などはほとんどひとりでできるが、時々介助が必要な場合がある。立ち上がりや歩行などに不安定さがみられることが多い。問題行動や理解の低下がみられることがある。この状態に該当する人のうち、適切な介護予防サービスの利用によって、状態の維持や、改善が見込まれる人については、要支援:2と認定される。

要介護:2

軽度の介護を必要とする状態。
食事や排泄に何らかの介助を必要とすることがある。立ち上がりや片足での立位保持、歩行などに何らかの支えが必要。洋服の着脱は何とかできる。物忘れや直前の行動の理解の一部に低下がみられる。

要介護:3

中等度の介護を必要とする状態。 食事や排泄に一部介助が必要。立ち上がりや片足での立位保持などが一人でできない。入浴や洋服の着脱などに全面的な介助が必要。いくつかの問題行動や理解の低下がみられる。

要介護:4

重度の介護を必要とする状態。 食事にときどき介助が必要で、排泄、入浴、衣服の着脱には全面的な介助が必要。立ち上がりや両足での立位保持がひとりではほとんどできない。多くの問題行動や全般的な理解の低下がみられることがある。

要介護:5

最重度の介護を必要とする状態。 食事や排泄がひとりでできないなど、日常生活を遂行する能力は著しく低下している。歩行や両足での立位保持はほとんどできない。意思の伝達がほとんどできない場合が多い。

※公的介護保険制度の詳細は、市町村の公的介護保険制度の窓口までお問合せください。

保険のこと、何でもご相談ください。まずは無料相談

『介護保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

介護保障の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部