FAQ:地域包括支援センターとは|介護保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『介護保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:介護保障の知識

FAQ:地域包括支援センターとは

介護保障の知識

地域包括支援センターは、高齢者が住みなれた地域で、安心して生活できるように、総合的に高齢者の生活を支える役割を果たす総合機関です。各市町村に設置されています。一般的に要支援者のケアプランは地域包括支援センターで作成されます。

業務内容は幅広いものになっていますが、主な業務は下記です。

●総合相談・支援事業
社会福祉士等を中心に、高齢者やその家族からさまざまな相談を受け、生活の課題を的確に把握し、保険・医療・福祉の各種サービスが受けられるよう必要な援助を行う。
●介護予防ケアマネジメント
保健師等を中心に、高齢者が要支援・要介護状態となることを予防し、要支援・要介護高齢者の介護状態の軽減と重度化を予防するために行う、アセスメントやモニタリング、評価などのマネジメントを行う。
●権利擁護事業
高齢者の虐待防止・早期発見・早期対応などを行う。また、財産管理や重要な各種契約などの支援を行う「青年後見人制度」の利用支援などを行う。
●包括的・継続的ケアマネジメント
主任ケアマネージャーを中心に高齢者の状態の変化に対応して、適切な保険・医療・福祉サービスが受けられるようケアマネージャーに対し、ケアプランの作成指導や検証などの支援を行う。また、地域におけるさまざまなネットワークとの連携・協力体制の整備などを行う。
保険のこと、何でもご相談ください。まずは無料相談

『介護保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

介護保障の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部