生命保険会社の個人年金の種類|年金の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『年金の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:年金の知識

生命保険会社の個人年金の種類

年金の知識

1.10年保障期間付終身年金(定額型)
生きている限り、年金を一生涯受け取れまが、。死亡すると、その時点で年金は終了します。ただし、保証期間内の場合、残りの保証期間の年金原価を遺族が一括受け取るか、保証期間中遺族が年金を受け取ります。
2.10年確定年金
年金の受取期間が10年間など、一定期間受け取れます。5年確定年金や15年確定年金などがあります。年金受取期間中に被保険者が死亡した場合、残りの期間の年金原価を遺族が一括で受け取るか、あらかじめ定めた期間遺族が年金を受け取ります。
3.5年保障期間付10年有期年金
確定年金と同じく、年金の受取期間は10年間など一定です。確定年金は受取期間中の生死にかかわらず必ず年金を受け取れるますが、有期年金は、生きている場合に限り、年金を受け取れます。死亡すると、その時点で年金は終了しますが、保証期間内の場合、残りの保証期間の年金原価を遺族が一括で受け取るか、保証期間中遺族が年金を受け取ります。年金額が同額の場合、10年確定年金よりも保険料の負担が軽くなります。
4.夫婦年金(10年保障期間付終身年金・定額型)
夫婦年金は、夫と妻のいずれか一方が生きている限り年金を受け取ることができますので、夫婦どちらが先に亡くなっても、確実に老後の生活資金を確保できます。
5.10年保障期間付終身年金(一時払・定額型)
預貯金や退職金などを利用して、保険料を一時払します。3年~10年程度据え置き、希望する年齢から年金を開始する仕組みです。据置期間が長いほど、運用期間が長くなりますので、年金額が多くなります。
6.変額個人年金保険(10年保障期間付終身年金・一時払・定額型)
保険料を一時払して、希望する年齢(10年以上据え置いた後の年齢とするものが多い)から年金が開始する仕組みです。資産運用の実績に応じて受け取る年金額が変動します。資産運用の実績によって、年金原資(将来年金を支払うための積立金)が払込保険料を下回ることもあります。

※社会保障制度の詳細につきましては、所轄の年金事務所等にご相談ください。

よくわからない方はお気軽にFPにご相談ください

『年金の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

年金の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部