FAQ:60歳前半の在職老齢年金の計算方法について|年金の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『年金の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:年金の知識

FAQ:60歳前半の在職老齢年金の計算方法について

年金の知識

60歳から65歳になるまでの在職老齢年金は、「基本月額」と「総報酬月額相当額」が28万円を超えた場合、年金が一部停止されます。、一部停止額は、「基本月額」と「総報酬月額相当額」の組み合わせに応じて、次の計算式のいずれかに当てはめて計算します。

支給停止額の計算額
①基本月額が28万円以下で総報酬月額相当額も46万円以下の場合
(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)×1/2
②基本月額が28万円以下だが総報酬月額相当額が46万円を超える場合
(46万円+基本月額-28万円)×1/2+(総報酬月額相当額-46万円)
③基本月額が28万円を超えるが総報酬月額相当額が46万円以下の場合
総報酬月額相当額×1/2
④基本月額が28万円を超え総報酬月額相当額も46万円を超える場合
(46万円×1/2)+(総報酬月額相当額-46万円)
基本月額=60歳台前半の老齢厚生年金の年金額(加給年金を除いた金額)÷12
総報酬月額相当額=その月の標準報酬月額+直近1年間に受けた賞与総額÷12
※上記の式によって年金が一部でも支給されるときは、加給年金は支給されます。

※社会保障制度の詳細につきましては、所轄の年金事務所等にご相談ください。

よくわからない方はお気軽にFPにご相談ください

『年金の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

年金の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部