FAQ:加入期間が短い人が亡くなった場合の遺族厚生年金について|年金の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『年金の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:年金の知識

FAQ:加入期間が短い人が亡くなった場合の遺族厚生年金について

年金の知識

遺族厚生年金は、老齢厚生年金の3/4相当額であり、平均標準報酬月額と加入期間に比例します。加入期間が短いと年金額が少なくなってしまうため、300月に満たない場合は、300月加入していたものとみなして計算されます。これを短期用件の年金額といいます。

平均標準月額と平均標準報酬月額の加入実月数でそれぞれの年金額を計算し、その両方を合算したものに「300/全実加入月数」と「スライド率」を乗じた額の3/4が短期用件の年金額となります。

遺族厚生年金=(平均標準月額の期間分+平均標準報酬月額の期間分)×300/実加入月数×1.031×0.981×3/4

※社会保障制度の詳細につきましては、所轄の年金事務所等にご相談ください。

よくわからない方はお気軽にFPにご相談ください

『年金の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

年金の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部