遺族年金をもらえる65歳以降の妻が選択できる年金の組合せ|年金の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『年金の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:年金の知識

遺族年金をもらえる65歳以降の妻が選択できる年金の組合せ

年金の知識

1人のひとが老齢年金と遺族年金の2つの受給権を得たときは、どちらかを選択するのが原則ですが、特例として、妻が自らの老齢基礎年金と、夫の遺族厚生年金を組み合わせて受取ることができます。また、女性が厚生年金に加入していた場合、自らの厚生年金と夫の遺族厚生年金の受給権が発生します。65歳以降の女性が受取る年金額は以下の3パターンのうちもっとも高い金額です。

65歳以降の女性が受取る年金のパターン

  • ①妻の老齢基礎年金+老齢厚生年金
  • ②妻の老齢基礎年金+遺族厚生年金
  • ③妻の老齢基礎年金+老齢厚生年金×1/2+遺族厚生年金×1/2

妻自身が納めた保険料を反映させる為、①を受取り、①の金額が②、③の金額に満たない場合は、その差額が遺族厚生年金から支給されます。 現在では障害を持ちながら働いた実績が年金に結びつくよう、妻の老齢基礎年金に代えて妻の障害基礎年金を受取ることもできます。

※社会保障制度の詳細につきましては、所轄の年金事務所等にご相談ください。

よくわからない方はお気軽にFPにご相談ください

『年金の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

年金の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部