FAQ:個人年金保険が契約時の年金額より受け取る年金額が少ないのはなぜ?|年金の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『年金の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:年金の知識

FAQ:個人年金保険が契約時の年金額より受け取る年金額が少ないのはなぜ?

年金の知識

契約時の設計書には、基本年金と増額年金の合計が年金額として記載されている可能性があります。
個人年金保険で受け取る年金には、契約時に定めた基本年金に、年金開始時点までの配当金によって買い増しされる増額年金を上乗せするのが一般的です。配当金は毎年必ず受け取れるわけではなく、また、配当金部分の運用利率も変動するため、増額年金は決まった金額を受け取れるわけではありません。
特に当初、予定利率を高く設定していた契約の場合、設計書に記載されている年金額よりも実際に受け取る年金額が少なくなることが生じています。

※社会保障制度の詳細につきましては、所轄の年金事務所等にご相談ください。

よくわからない方はお気軽にFPにご相談ください

『年金の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

年金の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部