逓増定期保険|生命保険商品について|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『生命保険商品について』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:生命保険商品について

逓増定期保険

生命保険商品について

逓増定期保険とは、保険期間の経過に伴って、保険金額が基本保険金額の5倍を限度に、所定の割合で増加する定期保険です。保障内容は、定期保険と同じで、死亡時または高度障害時に保険金を支払います。満期保険金はありませんが、中途解約した場合に、解約返戻金(解約払戻金)があります。

●メリット
  • 保障額が所定の割合で増加していきますので、事業の発展とともに、責任が重くなる経営者にあった保障が得られます。
  • 長期平準定期保険と同じく、保険期間の途中で生じる解約返戻金が多くなっています。
  • 保険期間の途中で生じる解約返戻金が多く、保険料の全部または一部を損金算入できますので、法人税の繰延べ効果があります。役員等の退職慰労金の支払原資に利用できます。
●デメリット
  • 定期保険より、当初の保険料が割高となります。
  • 満期保険金がありません。
  • 解約する時期によっては、解約返戻金の金額格差が大きくなっています。
●期間
一般的に、5年、10年、15年、20年、25年、30年満期とする年満と、満期時を60歳,65歳と指定する歳満期があります。
●中途解約
いつでも解約可能です。
●保険料の支払
月払、半年払、年払。(一時払を取り扱う生命保険会社もあります)
●保険金額
最低保険金額、最高保険金額ともに、各生命保険会社により違います。
●保険料の処理(法人契約の場合)

「契約者=法人、披保険者=役員・従業員、死亡保険金受取人=法人」の場合は、払込保険料は以下のように扱われます。
※前払期間は現行、旧契約ともに、保険期間の6割に相当する期間。

①損金が支払保険料の2分の1の場合(資産計上2分の1)
■現行(2008年2月28日以降の契約)
保険期間満了時の被保険者年齢が45より大きい場合(②または③に該当するものを除く)
■旧契約(1996年9月1日から2008年2月27日までの契約)
保険期間満了時の被保険者年齢が60歳以上、かつ当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間を2倍した数を加えた数が90を超えるもの(②または③に該当するものを除く)
②損金が支払保険料の3分の1の場合(資産計上3分の2)
■現行(2008年2月28日以降の契約)
保険期間満了時の被保険者年齢が70より大きい、かつ当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間を2倍した数を加えた数が95を超えるもの(③に該当するものを除く)
■旧契約(1996年9月1日から2008年2月27日までの契約)
保険期間満了の時における被保険者の年齢が80歳を超え、かつ、当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が120を超えるもの
③損金が支払保険料の4分の1の場合(資産計上4分の3)
■現行(2008年2月28日以降の契約)
保険期間満了の時における被保険者の年齢が80歳を超え、かつ、当該保険に加入した時における被保険者の年齢に保険期間の2倍に相当する数を加えた数が120を超えるもの
■旧契約(1996年9月1日から2008年2月27日までの契約)
現行と同様。
④全額損金参入の場合
■現行(2008年2月28日以降の契約)
上記①②③以外
■旧契約(1996年9月1日から2008年2月27日までの契約)
現行と同様。
(参考:法人契約の取扱いと課税関係)

1.保険料
会社の支払った保険料は、保険種類によって取扱いが違います。
契約者=法人、受取人=法人の場合、
・貯蓄の保険(養老保険や終身保険など) → 資産計上
・保障の保険(定期保険、入院・障害などの特約) → 損金算入
となります。

2.保険金
会社の受け取った保険金は、受取保険金 - 資産計上額 = 益金(雑収入)で計算されます。

※受取保険金が資産計上額を下回る場合は、損金(雑損失)となります。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『生命保険商品について』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部