養老保険|生命保険商品について|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『生命保険商品について』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:生命保険商品について

養老保険

生命保険商品について

死亡したときの保障と合わせて、資金準備などを目的とした保険で、死亡保険金と満期保険金が同額となっています。貯蓄性があり、教育資金や老後資金の準備として活用できます。死亡したときは死亡保険金が、満期まで生存すれば満期保険金払われます。

●メリット
貯蓄性がある生命保険商品です。とくに、一時払養老保険は、購入単位100万円が主流ですので、加入しやすくまとまった資金の運用手段として利用されることがあります。
●デメリット
死亡保険金と満期保険金が同額ですが、定期保険と比べると保険料は高くなっています。満期と同時に保障がなくなります。
●期間
一般的に,5年,10年,15年,20年,25年,30年満期と歳満期。
●中途解約
いつでも解約可能です。ただし、加入後短期間で解約すると、払込保険料よりも解約返戻金が大幅に少なくります。
●保険料の支払
月払、半年払、年払、一時払。
●保険金額
最高5億円までです。最低保険金額は、各生命保険会社によって違います。
●税金
受取人が契約者の場合、一時払、もしくは一時払に準ずる支払方法で保険期間5年以内の満期、または5年以内の解約は、20%の源泉分離課税がかかります。
保険期間5年超の満期または5年超の解約は一時所得として総合課税の対象となります。 ほかに一時所得がない場合、満期時または解約時の受領額から払込保険料と特別控除50万円を差し引いた額に、1/2をかけた額が総合課税の対象額です。
(参考:源泉分離課税の対象となる一時払養老保険等)
20%の源泉分離課税の対象となる契約は、下記の条件をすべて満たす契約です。
(1)保険期間が5年以下。(保険期間が5年超で、5年以内に解約するものを含みます)
(2)払込方法が一時払い、または下記いずれかに該当する場合。
・契約日から1年以内に保険料総額の50%以上を払い込む方法
・契約日から2年以内に保険料総額の75%以上を払い込む方法
(3)保障倍率
●下記保障金額の合計額が、満期保険金額の5倍未満。(保険金額の満期保険金額に対する割合)
(A)災害死亡保険金
(B)疾病または傷害による入通院給付金日額に、支払限度日数を乗じて計算した金額。
●普通死亡保険金が満期保険金の1倍以下。(保険金額の満期保険金額に対する割合)

※本記載は、平成23年6月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。
税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。
また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『生命保険商品について』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部