生命保険の活用|相続と贈与の税金知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『相続と贈与の税金知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:相続と贈与の税金知識

生命保険の活用

相続と贈与の税金知識

死亡保険金の非課税枠を有効に使います。生命保険は、契約内容をきちんと理解し、ご自身の合った生命保険に加入することが大切です。生命保険の死亡保険金は、現金で受け取れますので、遺族の生活保障のほかに、遺産分割の調整に使うことができます。

1.生命保険の効果
①生活の保障について
生命保険は、一家の大黒柱を失った遺族の生活の保障となります。残された配偶者が子供を抱えて働きに出るのは大変です。小さな子供がいる場合には、教育費も考えておく必要があります。生活の保障のために生命保険に加入するという場合には、例えば子供が大学を卒業するまでの教育費、生活費、配偶者の生涯の生活費などを計算します。また、子供が大きくなると、その必要額は年々減ることになります。生活の保障という意味では、積立預金をしておくのもよいのですが、昨今の金利状況では、預金残高の増加を望むことは困難となっています。その点、生命保険には保障が付きます。
②非課税枠の活用
相続財産として生命保険金を受け取った場合には、(法定相続人 × 500万円 )の非課税限度額があります。つまり相続人が配偶者と子供2人であれば、1,500万円までは非課税です。
③納税財源、分割の調整
生命保険金は、相続税の納税資金に活用することができます。なお、納税資金用の為に生命保険へ加入する場合には、保障が一生涯続く終身保険になります。定期的に相続税額の概算を出し納税の検討をします。また、生命保険は遺産分割の調整として活用することができます。例えば、兄弟で2分の1ずつ遺産を分割しようと思っても、相続財産は色んな種類で多くありますので、なかなかうまく分割できないことがあります。そんな中、生命保険金は現金で受け取れますので、その調整に使うことができます。
2.生命保険と税金
生命保険金を受け取った場合には、保険料の負担者(契約者)と被保険者、受取人との関係から、それぞれに税金がかかります。
・保険料負担者と被保険者が同じ場合
被保険者が保険料を負担する保険です。例えば、夫が死亡したら、遺族に保険金が支払われる保険に加入して、夫が保険料を支払うというものです。この場合、遺族が受け取った保険金は、相続財産とみなされて相続税の対象になります。 ※(法定相続人 × 500万円 の非課税限度額があります) 生命保険金を指定受取人以外が受け取ると、指定受取人が保険金を実際の受取人に贈与したものとされます。
・上記以外
保険金の受取人以外の人が保険料を負担している保険です。例えば、夫が死亡したら、子供に保険金が支払われる保険に加入して、妻が保険料を支払うというものです。この場合には、子供が受け取った保険金は、贈与税の対象になります。

※本記載は、平成23年6月現在の税制に基づく一般的な取扱について記載しています。
税務上の取扱が税制改正などで変更となることがありますので、ご注意ください。
また、個別の取扱等につきましては、所轄の税務署等にご相談ください。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『相続と贈与の税金知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部