生命保険と税金|生命保険の税金知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『生命保険の税金知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:生命保険の税金知識

生命保険と税金

生命保険の税金知識

生命保険と税金の関係は、大きく2種類あります。

ひとつは、保険料を支払ったときの税負担の軽減です。毎年、年末が近づくと生命保険会社や損害保険会社などから、控除証明書が送られてきます。この控除証明書を元に、サラリーマンの方は、年末調整を行い、個人事業主の方は、確定申告を行います。この手続きをすることで、「住民税」や「所得税」の負担を減らすことができます。

もうひとつは、受け取った死亡保険金や満期保険金は、相続税や所得税の課税対象となります。この税金は、保険の種類や、受取人、契約者などの関係により所得税や贈与税、相続税などになり、税の負担額が変わりますので、注意が必要です。
例えば、死亡保険金の場合、受け取る機会がそれほどないのにも関わらず、契約の内容によって、税金が高額になりますので、注意が必要です。また、病気やケガで入院した場合、被保険者が受け取る入院給付金や、高度障害保険金、3大疾病保障保険金などの生前給付金は非課税です。

この生命保険の税金知識では、税負担の軽減や高い税金を支払わない為に、生命保険と税金についてガイドします。

よくわからない方はお気軽にFPにご相談ください 小冊子の「もくじ」をみる

『生命保険の税金知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部