初めて感じた 母の愛

初めて感じた 母の愛

初めて感じた 母の愛

私は母が嫌いだった。

物心つく小さい頃から父と母のケンカは絶えず、母はいつも父を激しく罵倒する。
耐え切れない私と姉は、別の部屋の押入れに隠れる毎日・・・。

ついには、父も家を出て行ってしまった。

私の高校の卒業式の日。
高校を卒業したら家を出ようと決めていた私は、
姉の説得も聞かず、家を飛び出した。

それからは母にも会わず、月日は流れ・・・。

私は結婚して、自分の家族も出来た。
結婚の報告も含めて、姉と久しぶりに連絡を取った。

「もう何年も経ってるんだからいいでしょう?
お母さんも年を取ったし。久しぶりに顔を見せてあげなさいよ。」

姉の言葉に突き動かされ、20年ぶりに実家へ帰ることに。

「・・・ただいま」

「・・・おかえり」

そこには私の知る母の姿はなく、年老いた白髪の女性が座っていた。
お互いに言葉が見つからず、気まずい沈黙が流れ続ける。

「・・・戸棚に入っている包みを持って帰りなさい。」

母がぽつりと言った。

中をあけてみると、私が小さい頃の家族の写真。
一緒にオレンジ色のファイルが入っていた。

「あとこの先、何度会えるかわからないからね」

母は照れくさそうに言った。

初めて感じた、母の愛。
離れていても想っていてくれたことに、涙があふれた。




きちんとファイル 無料作成受付中 詳しくはこちら