まだ小さな孫がそんな心配をしてくれていたなんて

まだ小さな孫がそんな心配をしてくれていたなんて

・・・あなたはこうならないで

・・・あなたはこうならないで

あなたは私の生き写し

あなたは私の生き写し

子どもはいくつになっても 心配なのに

子どもはいくつになっても 心配なのに

私の遺言書

私がいなくなっても か弱いこの子を守ってあげたい

私が一緒にいられないあなたの未来に

私が一緒にいられないあなたの未来に

次を表示する

こんな思いをするのは私で最後にしたい

こんな思いをするのは私で最後にしたい

「僕は良い夫だろうか?」 「僕は良い父親だろうか?」

「僕は良い夫だろうか?」 「僕は良い父親だろうか?」

たったふたりの家族なんだから

たったふたりの家族なんだから

パパの夢とママの夢

パパの夢とママの夢

母はいつも宝くじを買っていた・・・。

母そっくりな自分が嬉しかった

せっかく助かった命 妹の幸せは私が支えるんだ

せっかく助かった命 妹の幸せは私が支えるんだ

次を表示する

こうして笑い合えるのは 大切に想い合ってるからなんだろうな

こうして笑い合えるのは 大切に想い合ってるからなんだろうな

聞かされた母の想い

文字の横には  水滴がにじんだ跡があった

母の秘めた想い

あなたの事はいつだって大事に想っていたのよ

僕の夢 息子の夢

家族との幸せな毎日 でも これからも当たり前にあるのだろうか?

大きな父の存在

頭の中は微笑みかける父の顔しか浮かばなかった

結婚式の前日に渡されたものは・・・

最後まで母がきちんと育ててくれたことを知って 涙が止まらなかった

次を表示する

家族で見上げる花火

花火を見上げていた母の頬を 一筋の涙が流れた

保険がもつ本当の意味

・・・これでやっと恩返しができる

空から。

父さんは全部見ていたよ

夢を語る彼女に 知って欲しいと思った

夢を語る彼女に 知って欲しいと思った

お調子者だったアイツが いつの間に・・・

お調子者だったアイツが いつの間に・・・

自分のやりたいと思った事をやりなさい

自分のやりたいと思った事をやりなさい

次を表示する

この安心感が「健康の秘訣」なのかもしれない

この安心感が「健康の秘訣」なのかもしれない

大きな財産を残してやる事はできないが これは私の想いだ

大きな財産を残してやる事はできないが これは私の想いだ

その言葉には いつもの軽さは感じなかった

その言葉には いつもの軽さは感じなかった

もう少し私のお母さんでいてください

もう少し私のお母さんでいてください

私 ガンだって・・・

私 ガンだって・・・

これからも見守っていてね お母さん

これからも見守っていてね お母さん

次を表示する

母が作る味噌汁は具だくさん

母が作る味噌汁は具だくさん

・・・普段の父らしくない 素直なことば

・・・普段の父らしくない 素直なことば

あのとき「ありがとう」って言えなかったじゃない

あのとき「ありがとう」って言えなかったじゃない

僕は父親らしくできているでしょうか?

僕は父親らしくできているでしょうか?

遠く離れているが これで少しは想いが伝わっただろうか

遠く離れているが これで少しは想いが伝わっただろうか

江戸っ子の母らしい ぶっきらぼうな優しさ

江戸っ子の母らしい ぶっきらぼうな優しさ

次を表示する

今までできなかった分も含めて ここから親孝行を始めよう

今までできなかった分も含めて ここから親孝行を始めよう

父と母の娘で本当に良かった

父と母の娘で本当に良かった

お母さんって本当に心配性

お母さんって本当に心配性

ずっと私の将来のことを考えてくれていたんだね

ずっと私の将来のことを考えてくれていたんだね

親に頼られた嬉しさ いつかはくる最後のときの悲しさ 色々と考えてくれた優しさ

親に頼られた嬉しさ いつかはくる最後のときの悲しさ 色々と考えてくれた優しさ

そのとき家族を救ってくれたもの

そのとき家族を救ってくれたもの

次を表示する

・・・懐かしい母の手

・・・懐かしい母の手

やっと親孝行できるような気がした

やっと親孝行できるような気がした

だからあの時 母は不安を感じていなかったのだ

だからあの時 母は不安を感じていなかったのだ

母が用意してくれていたもの

母が用意してくれていたもの

失ってから初めてわかること

失ってから初めてわかること

素直にありがとうが言えなくて・・・

素直にありがとうが言えなくて・・・

次を表示する

これからも息子を頼みます 心でつぶやいた

これからも息子を頼みます 心でつぶやいた

思い浮かぶ母の顔は 笑顔に変わっていた

思い浮かぶ母の顔は 笑顔に変わっていた

・・・信じて待っていてくれてありがとう

・・・信じて待っていてくれてありがとう

そうだったんだ だから父さんはこのファイルを・・・

そうだったんだ だから父さんはこのファイルを・・・

私は一人っ子

私は一人っ子

母にも少しは安心してもらえるかな?

母にも少しは安心してもらえるかな?

次を表示する

どんな想いで これを遺したのだろうか

どんな想いで これを遺したのだろうか

父の訓示

父の訓示

妻が働いていた理由

妻が働いていた理由

あと何回 この日を迎えられるのだろう

あと何回 この日を迎えられるのだろう

届けられた想いに涙があふれた

届けられた想いに涙があふれた

今年の冬は孫とかまくらを作らないとね

今年の冬は孫とかまくらを作らないとね

次を表示する

いつからかな?手紙が二通になったのは

いつからかな?手紙が二通になったのは

父は私が産まれたときどう思ったのか?どんな気持ちだったのか?

父は私が産まれたときどう思ったのか?どんな気持ちだったのか?

動かない右手を 泣き笑いしながら握り締めている嫁がいる

動かない右手を 泣き笑いしながら握り締めている嫁がいる

小学校 中学校 高校とどんどん自分から はなれてゆく娘の姿が目に浮かぶ

小学校 中学校 高校とどんどん自分から はなれてゆく娘の姿が目に浮かぶ"

父を想いながら 久しぶりに息子に戻った時間だった

父を想いながら 久しぶりに息子に戻った時間だった

それは遠く離れていても 何か大きなものでつながれていた

それは遠く離れていても 何か大きなものでつながれていた

次を表示する

父の想いに触れて涙がこぼれた

父の想いに触れて涙がこぼれた

一度も会うことはなかったが 父はやはり私の父だった

一度も会うことはなかったが 父はやはり私の父だった

・・・ちょっと遅いプロポーズ

・・・ちょっと遅いプロポーズ

2人のことを認めてくれるもの

2人のことを認めてくれるもの

自分が重い病気のときに なんて優しい人なんだろう

自分が重い病気のときに なんて優しい人なんだろう

自分だけのためじゃなかったんだ

自分だけのためじゃなかったんだ

次を表示する

命をかけて 私たちのこと 考えてくれてたんだね

命をかけて 私たちのこと 考えてくれてたんだね

30年前からの父と母の想いがそこにはあった

30年前からの父と母の想いがそこにはあった

家族の想いが ひとり残されたこの子に注がれている

家族の想いが ひとり残されたこの子に注がれている

いいかげんだと思っていた親父の背中

いいかげんだと思っていた親父の背中

あなたのもとに生まれ 育てられて本当に良かったよ

あなたのもとに生まれ 育てられて本当に良かったよ

・・・今日のお父さんはとても かっこよかったです

・・・今日のお父さんはとても かっこよかったです

次を表示する

・・・僕はそんな人間になれたかな?

・・・僕はそんな人間になれたかな?

僕を守るために用意してくれてたんだね

僕を守るために用意してくれてたんだね

私は保険の仕事をしています

私は保険の仕事をしています

・・・お母さん ありがとう

・・・お母さん ありがとう

ちゃんと言ってくれないとわからないよ・・・

ちゃんと言ってくれないとわからないよ・・・

娘が拾ってきた子猫

娘が拾ってきた子猫

次を表示する

自分の命を込めて考えられる人たちが 私も歳をとったときにいるだろうか?

自分の命を込めて考えられる人たちが 私も歳をとったときにいるだろうか?

縁起でもない話なんだけど だからこそきちんとしておくべきなのよ

縁起でもない話なんだけど だからこそきちんとしておくべきなのよ

・・・ケンカばかりの僕たち夫婦

・・・ケンカばかりの僕たち夫婦

父さんのおかげで もう一歩父親らしくなれたような気がした

父さんのおかげで もう一歩父親らしくなれたような気がした

私は父に愛されていたのだろうか?

私は父に愛されていたのだろうか?

なんで教えてくれなかったの?

なんで教えてくれなかったの?

次を表示する

お前にも 守らなきゃいけない人たちができたんだろ?

お前にも 守らなきゃいけない人たちができたんだろ?

・・・胸の奥がぎゅっと締めつけられる

・・・胸の奥がぎゅっと締めつけられる

私の想いと母の想いをつないだもの

私の想いと母の想いをつないだもの

彼を突き動かしたものは・・・

彼を突き動かしたものは・・・

はじめての一人暮らしを 温かく見守ってくれているもの

はじめての一人暮らしを 温かく見守ってくれているもの

待っててね 早く帰ってくるから

待っててね 早く帰ってくるから

次を表示する

おまえたちには逢えない だからできる事を考えたんだ 

おまえたちには逢えない だからできる事を考えたんだ

何も心配しなくていいよ

何も心配しなくていいよ

「妻の為 息子の為・・・」

「妻の為 息子の為・・・」

このファイルを開かなくてもいい日が 一日でも長く続きますように

このファイルを開かなくてもいい日が 一日でも長く続きますように

ボクの父は ヒーローだった

ボクの父は ヒーローだった

あと何年あるのだろう? この父と語り合える時間

あと何年あるのだろう? この父と語り合える時間

次を表示する

命の決断を迫られた日

命の決断を迫られた日

産まれたばかりの孫 満面の笑みで抱きかかえていた父

産まれたばかりの孫 満面の笑みで抱きかかえていた父

いつもわたしのあとをついてきていた弟 ・・・頼もしくなったね

いつもわたしのあとをついてきていた弟 ・・・頼もしくなったね

介護施設にいる 父から届いていたもの

介護施設にいる 父から届いていたもの

そんな父だからこそ 母はずっと連れ添ってきたのだ

そんな父だからこそ 母はずっと連れ添ってきたのだ

たとえ独り身でも 守るべき人はいるんじゃないか

たとえ独り身でも 守るべき人はいるんじゃないか

次を表示する

私は本当に祖父に愛されていたんだな・・・

私は本当に祖父に愛されていたんだな・・・

もう見ることができない 父の背中

もう見ることができない 父の背中

ひさしぶりに会うたびに 歳をとってゆく両親

ひさしぶりに会うたびに 歳をとってゆく両親

家族には秘密で病気と闘っていた父

家族には秘密で病気と闘っていた父

たいせつなものが増えていく だから怖くなる

たいせつなものが増えていく だから怖くなる

10年遅れた「ありがとう」

10年遅れた「ありがとう」

次を表示する

知らなかった母の苦労

・・・私は母に なんて残酷なことをしてしまったのだろう

母からの最期のメッセージ

今まで楽しかったよ ありがとう

結婚とファイル

「ファイル」と「家族」から はなれて歩き出す

「家族」になったとき

僕も君を守れるように しっかりしないとね

父の戸棚の中

父さんも考えてくれていたんだね

姉妹のファイル

またお姉ちゃんの真似をするのね?

次を表示する

無口で頑固な祖父

じいちゃん ありがとう

父の葬儀、涙は出なかった

おやじの想い・・・きちんと受け取ったからな

母の急な入院

だいじょうぶだよね?死なないよね?お母さん

保険ってなに?

・・・パパとママがいなくなったらどうする?

俺、結婚するから

大人になった息子に これからの私ができること

秘めた想い

父さん もっと話しておけばよかった

次を表示する

突然の母からの呼び出し

考えておいてね 私が死んだあとのこと

安心のある場所

俺に何かあったとき 息子もこんな想いをするのか・・・

7年ぶりの祖父との再会

「人が人を想う」ことの本当の意味

月額11万円の理由

俺に万が一のことがあったらさ・・・

過ぎ去った日々のこと

このささやかな光景が 今ぼくたちをつつんでいる

振袖姿の娘へ

もう僕の抱っこじゃ守れないかな

次を表示する

夫の残したきちんとファイル

今は伝わらなくてもいい でも守ってあげるから

娘に渡したファイル

私のことちゃんと見ててくれたんだね

夫のきちんとファイル

ひとりにしないで・・・

父と母のファイルに込められた想い

父さんと母さんのように 私もこの子を守っていくよ

父の残したファイル

もし僕が死んだらどうなるのだろう・・・

3冊のファイル

いつのまにか 頼もしくなった娘

次を表示する

LINEのとなりにあるもの

ずっと一緒だったふたりきりの母娘

気がつくと母の味

母がよく作ってくれた ひじきの煮物 ・・・まだ上手に作れないや

妻が心配しているのは

もしもクローン人間が作れるとしたら 僕をよみがえらせてもらえる?

生まれて初めての入院

・・・大人になってもかわらない 母のぬくもり

四十過ぎた私への 父のかわらぬ想い

最後にまともに会話したのは いつだったかな

父から渡されたもの

仕事はまだまだ 半人前やけどな

次を表示する

私が決めたこと

父が私たちを守ってくれていたように これからは私が母を守っていこう

紙一枚 しかし母の想いはいっぱいだった

・・・孫の顔を見るまで 私もがんばるわ

船乗りの父との約束

だいじょうぶ ボクがおかあさんをまもるよ

100歳のろうそく

このろうそく なんでこんなにおっきいの?

結婚指輪よりも大切なもの

僕は大丈夫 死なないから

三輪車のころから

夢を支える 父の自転車

次を表示する

少し変わったプロポーズ

私のこと どう想ってるんだろう・・・

ふたりの探し物

いつ誰に 何があっても・・・ なんて 考えたくないのはみんな一緒

母の想い

これまでと違う毎日を送っていくのが 今日からの僕の責任だ

最期のプレゼント

今は私が母を助けてると思ってたのに

ふたりの娘

娘へ そしてもうひとりの娘へ

きちんとしなさいよ!

「わかってるよ・・・」 いつも聞き流す私

次を表示する

父の誕生日プレゼント

これからの父さんの誕生日は 僕が祝ってあげるよ

本当は応援してくれていた父

ありがとう 必ず合格してみせるよ

母と私を救ったもの

女手ひとつで私を育てた母 どれほどの苦労をしたのだろう・・・?

60歳の誕生日

妻の分まで長生きして この子達を支えてあげようと思った

記憶にもない父からの愛

幼い頃の父の記憶はほとんどないが・・・

セミの鳴く、ある日のこと

埃まみれの父の部屋 父の想い・・・

次を表示する

僕の夢と、父の想い

「ごめん」とも「ありがとう」とも言えない僕に 父が渡したもの

家族を省みなかった私と、孫

孫を通して 血の繋がった家族を感じた

お父さんの想い

ベッドの上の父 変わらぬ母への想い

頑固で仕事一筋な父

口数の少ない 不器用な父の想い  ・・・私は全然知らなかった

息子の誕生日に夫が用意してくれたもの

息子の誕生日 夫の想い 家族の未来

東北の初雪

田舎の父と母 僕はもうあと 何回逢えるのだろう

次を表示する

父と不仲なわたし

父さんあんなことばかり言ってるけど 本当はずっと応援してたのよ

「今まであまり話すことすらなかった親子」

子供の頃の父を思い出し なんだか嬉しく思えた

亭主関白の父

俺もいつまでも元気って訳にもいかないしな 何かあったときは 母さんを頼むぞ

母の面影

ああそうか 次は私の番か  大丈夫 守ってあげるからね

何かを察している母

ひさしぶりに会った母は どこか無理をしているように思えた・・・

30歳違いの長生き家族

怖がることはないのよ これはね 私たちが生きている“証”なの

次を表示する

旅立つ息子に渡したもの

東京へ旅立つ息子へ 夢を壊さないために 渡したもの

夫がマンションを選ぶ理由

いつもは私の好きなようにしていいよ と言ってくれる彼が 今回ばかりは引かなかった

君はそれでも優しい声で

君はそれでも優しい声で 「気にしなくていいよ」と笑ってくれる

20年ぶりの再会

初めて感じた 母の愛

父の想い

父からもらった 最初で最後の手紙

やせ細っていく父の顔。大きくなる妻のお腹。

生まれ来るわが子に 父のような愛情を注ごう

次を表示する

病床からも、私たちを守る父。

これから過ごすお父さんとの時間を大切にしようね

母の秘めた想い

母は「覚えてたんだね」と言いながら 少し泣いていた

お父さん、ありがとう。

不器用な父の家族への想いが伝わってきた

20年ぶりのメッセージ

「あいつは不器用だから・・・」

「自分が死ぬ」と知ったとき。

初めて自分は死んでしまうんだと実感した

「大丈夫」

私の心配をよそにいつも楽観的で前向きな夫

次を表示する

別れるときに、知ったこと。

結局私は彼の事をどこまで分かってあげられたんだろう

無口な父の想い

「俺に何かあった時は このファイルを見ろよ」

重い!何入ってるの、コレ?

気付かされたのは  家族のことをきちんと考えることの大切さだった

お父さんの口癖

・・・お父さんが一番家族想いやったんやな

「実は、おまえのために作ってもらったんだ」

「なんだか またプロポーズされたみたいだね」

父親とは昔から相性が悪かった

お父さんは私のこと嫌いじゃなかったんだ

次を表示する

「渡すものがあるから、帰ってきて欲しい」

子どものころ 一緒に行った河原 もう祖母はいない

「久しぶりだな」 兄からの突然の連絡だった

仲良しだったころの兄弟に戻れた

「なんて格好してるんだ。 お前は本当に行儀が悪い!」

「今日は父さんの大好きな肉じゃがだからね」

5年ぶりの帰省で、自然にこぼれた言葉は ・・・

父と母の 少しはにかんだ笑顔を 私は忘れないだろう

新婚旅行のお土産を持って主人の実家へ

主人のやけにまじめな顔がたのもしかった

「あっ、今おなか蹴った」

夫の手はいつもより大きく感じた

次を表示する

「ありがとう」

私はこの子に何をしてあげられるだろう

あのとき僕は小学生だった

僕はそのファイルを抱きしめて  別の涙が頬を伝わるのを感じた

父と母の記念日に

金婚式から五年経って 今度は何婚式って言うんだっけ

結婚式の前日、 父が私に頼んだことは・・

「いつまでも子どもだと思っていたけど  立派な女性になったな」

「遊びに来ない?」と、母からの電話が

「実はね ・・・私ガンになっちゃって  そんなに長くないのよ」

二十歳の誕生日プレゼント

私はこんなにも愛されていたのかと思った

次を表示する

妻から一通のメールが入った

これからの両親のこと そして 還暦を迎えた妻のこと

社会人になって感じた親のありがたみ

結局自立したつもりでいても  まだまだ子供なんだなと思った

母が入院、父が初めて見せた顔

普段知らない父の顔を見れて なんだかうれしかった

結婚して僕は心配症になった

これから僕は妻を  そしていつか生まれる我が子を 守ってゆく

姉が遊びに来た。「これ預かってくれる?」

姉からの電話 「明日遊びに行っていい?」

今まで言わなかったけど・・・

「赤いバラの花を十本ください」 少し照れくさそうな男性のお客様

次を表示する

それは突然のことでした

父の書斎でみつけたものは・・・

おじいちゃんと短冊

「小さい娘の花嫁姿を見に行きたいしな」

最初にもどる



きちんとファイル 無料作成受付中 詳しくはこちら