突然主人が脳内出血で倒れました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

突然主人が脳内出血で倒れました

  • 給付対象の病名:脳内出血
  • 40代・男性
  • 職業:会社員
  • 家族構成:ご夫婦とお子さま1人

 突然会社から「ご主人が倒れられて救急車で病院に運ばれました」と連絡があったときは驚いて何も手につきませんでした。

 1歳の子供と私。これからどうしようと考えると不安がいっぱいでした。

 とにかく入院費。お医者様の話では、左半身に麻痺が残るのでしばらくの間はリハビリが必要とも言われ、その間の生活費や治療費。

主人の体のことだけを心配してあげたいのに頭の中はこれからかかるお金のことをよぎってました。

 どうしていいのかわからず保険ほっとラインに行って事情を話したらとても親切に対応してくださって、お金がいるなら一旦、入院請求をすること。三大疾病のときに一時金がでるタイミング
など、私の不安をひとつひとつ解消してくださいました。

そもそも3年前に勇気をだしてこの保険ほっとラインに扉をたたいて保障をもつことの大切さに気付いたからこそ、こうして助かっているんだと、改めて思いました。
これからもどうぞよろしくお願いします。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ