保険ガイド | 保険ほっとライン

保険ガイド

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

気休めでない保険選び、
後悔しない保険選びは、
必要な「保障」を
  折々に考えること。

ポイント

保険を一言でいうと、何かあった時の「経済的負担」を減らすためのものです。
準備してあげたい方がいるから、保険を準備します。
それは、ご自身のため、配偶者のため、こどものため、両親のため・・・

入院することになった場合、困るのはご自身だけですか?
働きざかりの時、介護状態になってしまったら、誰に迷惑がかかりますか?
何事も起こらないから・・・ そんなときでも、老後の生活資金の準備が不足していたら、ご自身やご家族、お子様たちが困りませんか?

ご家族構成や生活環境により、不安は、お一人おひとり違います。
不安に対する準備の方法も、お一人おひとり違います。
保険ですべての不安に対して準備をする必要はありません。
安心して暮らしていただくための準備として、貯蓄や有価証券などでも準備できますが、1つの方法として保険があります。

保険に「良い」「悪い」はありません。
保険料が「高い」「安い」ではありません。
その保険の「保障額」や「保険期間」「保障内容」は、あなたや大切な方に合っていますか?
「保険料」は、あなたにとって適正ですか?

いちばん大切なことは、ご自身の保険を理解することです。
その保険には、あなたの「想い」がたくさんつまっているはずです。

ポイント

仕組みや商品内容より、大切なことがあります。
それは、「ご自身に合った保障を考えること、イメージすること」です。

保障がご自身に合っているかどうかが、いちばん大切なのです。
お一人おひとり、年収やご家族構成、ご職業など違います。
ですから、保障期間、保障額は、違っていて当たり前だと思いませんか?

例えば死亡保障を例にとってみると、
  • 1年間だけ、1億円の死亡保障が必要な方もおられます。
  • 5年間だけ、5000万円の死亡保障が必要な方もおられます。
  • 10年間だけ、2000万円の死亡保障が必要な方もおられます。
  • 一生涯、1000万円の死亡保障が必要な方もおられます。

ご自身のライフスタイルの中で起こりうる「万が一」に準備するのが「保障」です。
決して、保険料が「高い」「安い」だけで判断できるものではありません。
「商品比較」「保険料比較」で「保障」を準備するのではなく、
「どのように保障をもてば安心なのか」をご自身で真剣に考えることが、
これからの保険を考えるうえで、一番大切なことです。

フリーワード検索

カテゴリから探す

  • 基礎知識
    基礎知識
    まずは生命保険・損害保険に関する商品の種類や保障(補償)内容について理解しておきましょう。
  • 目的別
    目的別
    保障だけでない生命保険の目的と、保険金や年金などの受取時にかかる税金や控除についても知っておきましょう。
  • 保険の用語集
    保険の用語集
    よく耳にするけれどよく分からない、保険の専門用語をまとめました。

この記事をシェアする

フリーワード検索

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部

自動車保険はチューリッヒ
こちらのバナーからご契約いただいた場合は、チューリッヒ保険会社とお客さまとの直接のご契約となります。