自分は末期のがんです|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

自分は末期のがんです

  • 給付対象の病名:末期がん
  • 70代・男性
  • 職業:年金生活者
  • 家族構成:ご夫婦

保険の請求の手続きができないかと門をたたきました。

医者にガンと言われ、今いろいろ検査を受けている。
ここで手続き出来ると、病院の帰り道だし、助かる。

恐らくもう、他の所にも転移してしまっていいるため、治る事は難しいと言われている。だが、出来る限りの治療に取り組んで、少しでも元気で生きたいと思っている。

妻は自分がガンであることをまだ知らない。家の事もお金の事も全て自分が管理して来た為、妻は何も出来ない。

自分が居なくなって、妻がそれらを相続して、管理できるのか、心配。
だから、この請求も妻にして貰う事に躊躇いがある。

少しでも長く妻のそばにいてやりたかった。
せめてお金の苦労だけはせずに済むように。

それがこれからの私の務めだ。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ