妻が体調不良。検査したら膵頭部癌と診断されました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

妻が体調不良。検査したら膵頭部癌と診断されました

  • 給付対象の病名:膵頭部がん
  • 70代・女性
  • 職業:年金生活者
  • 家族構成:ご夫婦

妻の体調がすぐれず病院へ連れて行ったら、紹介状を書くから別の病院で検査するように言われました。
即入院して、検査をしたところ「がん」と伝えられ、あまりにも突然のことで、何の心の準備も無く
宣告をうけて頭が真っ白になってしまいました。
妻は、「がん保険に入っているから、少しは足しになるわ」と、思い出したように言ったが
保険に入っているからといっても、今まですべて妻任せだったので、保険の手続きはもちろん、銀行すら行ったことがなく、今更わからないと聞くこともできずにいたが、妻は入院中、自分がやるしかなく何とか保険会社に電話をして、書類を取り寄せることはできました。

妻が、退院して病院で診断書を受け取ったが、まだ他に書く書類があります。年をとった私たちは小さな文字の説明を読むのは苦痛です。また、いったいいくら受け取れるのかわかりません。
病院の帰りに「保険ほっとライン」の看板をみつけました。「わからないから、教えてもらいに行きましょ。」 妻に連れられるがままお店に入りました。

初めて行ったお店であるのに、スタッフの方たちは、とても親切で、何も言わなくてもすぐに保障内容を調べてくれて、細かな内容、受取人、受け取り方を丁寧に教えてくれました。

また、病院からもらった診断書の不備に気づいてくれて、確認までとってくれました。結果、もう一度病院で書き直してもらうことになりましたが、年金暮らしの私たちにはとても助かりました。
給付金の着金日も前日に電話をもらい、ハガキが届くより早く金額を知ることができ驚きました。

こんなことなら、最初から「保険ほっとライン」に行けばよかったとつくづく思いました。
こらからは、「かかりつけ」としてお気軽にお越し下さいと言ったスタッフの方たちの笑顔に安心をもらえました。

これからは保険のことは、息子たち含め「保険ほっとライン」にお世話になろうと思います。
年をとった私たちにとって、ありがたい場所です。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ