息子が精巣がんになり、滅入っていたわたし|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

息子が精巣がんになり、滅入っていたわたし

  • 給付対象の病名:精巣がん
  • 20代以下・男性
  • 職業:学生
  • 家族構成:ご両親

息子が精巣がんと診断され給付金の請求をしにショップへ行きました。

息子は毎日泣いて人と会おうとせず、私も今後どうしたらいいのか分からず不安な気持ちでいっぱいになっていました。

ショップを訪れ給付請求の手続きを教えてくれている時にスタッフさんが「お母様は大丈夫ですか?」と一言。

私は、張り詰めていた思いが一気にあふれ出し、息子の事、病気の事これまでの事をただひたすら話しました。

一気に話したら、気持ちが楽になり私が頑張らないとって思えたんです。
あの一言で、救われた気がします。給付請求の説明もこれからの治療方法スケジュールを細かく聞いてくれて、診断書を取るタイミングまで親切に考えてくれました。かかっている病院が複数あった為、一人では混乱するところでした。

こんな頼れるショップが近くにあって、とても安心です。いつもありがとうございます。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「精巣がん」の給付体験談一覧 (1件)

  • 20代以下・男性「息子が精巣がんになり、滅入っていたわたし」

保険の給付体験談 一覧へ