妻が闘病中、まさか自分までがんと診断されてしまいました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

妻が闘病中、まさか自分までがんと診断されてしまいました

  • 給付対象の病名:扁平上皮がん
  • 60代・男性
  • 職業:自営業
  • 家族構成:ご夫婦とお子さま1人

妻ががんで闘病中で娘が落胆している中。仕事の合間にたまた、なんとなく首の辺りを触っていたら、シコリがあった。

自分にもまさかと思い病院に診察に行き検査を受けた…

その結果、ガンと診断され、娘はさらにショック受けるし、俺も弱いところを見せるわけにはいかないけど内心不安でしょうがない状況なのだけど…

家族のためにも事前にきちんと準備しておくことの大切さについて、身を持って感じさせられました。家族には、半年前にここで(保険ほっとライン)で見てもらい、保険はきちんとしているから安心だと言ってあるので、今後とも宜しくお願いいたします。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「扁平上皮がん」の給付体験談一覧 (1件)

  • 60代・男性「妻が闘病中、まさか自分までがんと診断されてしまいました」

保険の給付体験談 一覧へ