保険加入直後の膀胱がん。切り替え前後の保障を両方適用できました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

保険加入直後の膀胱がん。切り替え前後の保障を両方適用できました

  • 給付対象の病名:膀胱がん
  • 60代・男性
  • 職業:年金生活者
  • 家族構成:ご夫婦

以前から保険ほっとラインで保険のお世話になっていました。
加入している保険の保障内容を確認しましょうと訪問していただいた際に、ずいぶん以前から加入していたがん保険を今のがん治療に見合ったものにされては?と教えていただき、切替える手続きをしました。
申込をして2ヶ月ほど経ったころ、尿の出が悪くなり診察を受けたところ「がん」が見つかりました。

すぐに保険ほっとラインに電話したところ・・・
「がん保険は保障開始に待ち期間があり、申し込みから90日以内にがんが見つかると保障が受けられないため、今までご加入のがん保険が使えるようにしてあります。」
と手続きを案内してもらいました。

手術を受け、退院してから給付の請求のために診断書を持っていきました。

すぐに担当のスタッフの方から電話をいただいたのですが、その内容にちょっと驚いてしまいました。

「がん保険の保障の待機期間は『がんの診断確定されたのがいつか?』で判断されるのですが、今回の場合は、手術でがんを切除し精密な病理検査の結果が出た日が診断確定日となり、先日申込されたがん保険の90日の待機期間を超えていますので、こちらの給付も受け取れますよ」

つまり、両方のがん保険が使えるということらしいのです。

さっそく、新しく加入した分の給付の手続きもしていただき、
とてもしっかりした保障を受け取ることができ、安心して治療にあたることが出来ました。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「膀胱がん」の給付体験談一覧 (2件)

保険の給付体験談 一覧へ