自転車向け保険の選び方|お母さんのための自転車の保険入門|保険ほっとライン

自転車向け保険

お母さんのための自転車の保険入門

前のステップ
次のステップ

子どものために知っておきたい お母さんのための自転車の保険

  • 自転車の事故
  • 自転車向けの保険について
  • 自転車向け保険の選び方
  • やっぱり気になる料金と商品

自転車向け保険の選び方

1

ここだけは押さえておきたい!

選ぶ際に参考にしていただきたい、6つのポイントをご紹介します。

ここだけは押さえておきたい!
6つのポイント

ポイント1

補償の対象者は個人家族

ポイント2

交通傷害のみの補償か

ポイント3

死亡後遺障害に対する補償はあるか

ポイント4

入院がなくても対象となる通院の補償はあるか

ポイント5

個人賠償責任保険の補償額は最低でも1億円以上

ポイント6

示談交渉サービスは付帯されているか

2

「自転車向け保険」の種類

生活習慣で選ぶ、既に加入している保険でカバーする。基本の4パターンをご紹介します。

基本の4パターン

A
傷害保険+【特約】個人賠償責任保険

子どもや高齢者

自分の補償+相手の補償

自転車事故だけでなくケガをする可能性が高いので、
交通傷害に限らない「傷害保険」がおススメ

B
交通傷害限定傷害保険+【特約】個人賠償責任保険

特にケガをする可能性が低い人

自分の補償+相手の補償

特にケガをする可能性が低いとか、部活動用などの保険は別に加入しているとか、リスクは自転車くらいだという場合は
「交通傷害に限定した傷害保険」でも可。

C
自動車保険+【特約】個人賠償責任保険

自動車保険に加入中

相手の補償

自分のケガについての保険は不要。
とりあえず相手への補償だけは備えておきたい。

D
火災保険+【特約】個人賠償責任保険

火災保険に加入中

相手の補償

自分のケガについての保険は不要。
とりあえず相手への補償だけは備えておきたい。

チェック

「共済」や「自動車保険」は特殊なものが多いので、内容の確認をきちんとしましょう。
保険証券を見てもわからないときは、お気軽にお問い合わせください。

自転車向け保険について

無料

保険証券のどこをみたらいいの?
色々みたけど、やっぱりよくわからない…

いつでもご相談ください

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問合せください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

店舗を探す
1分でカンタン入力!ネット予約フォーム

相手への補償、自分や家族の補償 きちんと備えていますか?

  • 自転車の事故
  • 自転車向けの保険について
  • 自転車向け保険の選び方
  • やっぱり気になる料金と商品