主人が脳卒中の後遺症で介護が必要に|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

主人が脳卒中の後遺症で介護が必要に

  • 給付対象の病名:脳卒中
  • 70代・男性
  • 職業:自営業
  • 家族構成:ご夫婦

主人が脳卒中で入院しました。

主人は保険会社の保険とこくみん共済と府民共済に加入しているんですが、給付請求の仕方が分かりませんでした。

主人は脳卒中で深夜にベッドから転げ落ちて病院に運ばれ、そのまま右半身麻痺になり介護状態です。

私一人でこれからどうしてよいのか不安でした。
そんな時に、給付の事を聞こうと保険ほっとラインに立ち寄ったところ、給付手続きの進め方や請求書の書き方なども全て丁寧に教えて下さいました。 

また、主人が手続きできないので私が手続きしたのですが、加入していた保険全てに指定代理請求の指定が無かったのです。

保険会社さんの保険だけでなく国民共済も府民共済も共済の方に保険ほっとラインの担当者が私の代わりに状況を説明していただき、指定代理人ではない方からの給付請求方法も聞いて下さり本当に助かりました。

また、加入中の保険全ての保障内容を教えていただき、きちんと給付金を受取る事ができました。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ