突然、主人が白血病と診断されてしまいました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

突然、主人が白血病と診断されてしまいました

  • 給付対象の病名:白血病
  • 50代・男性
  • 職業:会社員
  • 家族構成:ご夫婦

主人が 2.3日前から食欲がなく、近くの病院に行って来ると。
病院では検査をしたらしく、病院から私に来てくださいと電話があって行くと、白血病と診断され、大きい病院に転院しました。

今まで、保険は主人にまかせっきりで、私は何もわからなくて、主人に、これを保険ほっとラインに持って行くようにと、証券を2枚預かりました。

店の前で予約の文字が目にはいり躊躇していたら、どうされましたか?と店の人に声をかけられ、気が動転していて何をどう聞けばいいのかも分からず、主人が白血病で。とだけ言ったら、
「ちゃんと受け取るお手伝いをしますし、安心してください」と接してくれました。

今の内容もお調べして他の保険会社の証券の内容も含め、お時間を、お取りして承りますのでと言われ予約をいれてもらいました。「奥様はご主人様についていてあげてください」と、言ってくれました。

次、来店したら店長さんが、今の保障内容やどう受け取れるのかをきちんと調べてくれていて、わかりやすく何通りも紙に書いて教えてくれました。そして、「分からない事があれば、いつでも言ってきて。

請求のお手伝いは責任をもって、きちんとしますから」、と言ってくれました。
主人の治療方針も色々変わるかもしれないし、とても不安ですがいつでも安心して相談できるところがあると思うと心強いです。

サービスショップがあって、本当に助かりました。
私の保険も気になってるんですが、今は主人の事を看ていきたいと思います。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「白血病」の給付体験談一覧 (2件)

保険の給付体験談 一覧へ