腰部脊柱管狭窄症で急に入院することになりました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

腰部脊柱管狭窄症で急に入院することになりました

  • 給付対象の病名:脊柱管狭窄症
  • 40代・男性
  • 職業:会社員
  • 家族構成:独身

周りで病気になる友人が増えてきたので、保険ほっとラインで保障を持った。

自分自身、独身なのでなにかあったときは自分自身が困らないようにと準備していたが、実際には自分が病気になると思っていなかった。

しかし病気になってしまい、入院、手術をするはめに。その後も通院でリハビリ生活になってしまった。

なにかあった時は連絡くださいと言われていたので、給付金請求の連絡を保険ほっとラインにした。
自分自身加入している保険の保障内容忘れている部分があったが、親身になって、保障内容の確認、給付金請求の対応をしてくれた。

今後も、通院の給付や別の病気での給付請求が必要のときは、いつでも言ってくれと対応してくれた。
必要があれば、病院まで来てくれるとも。私は独身で、今回の病気で、もし長期入院することになってしまったら給付金の請求はどうしたらいいのいか、と考えていて、周りに頼れる人もいないのですごく安心な気持ちになった。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「脊柱管狭窄症」の給付体験談一覧 (2件)

保険の給付体験談 一覧へ