兄を肝臓がんで亡くしてから5年、今度は私が肝臓がんになってしまいました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

兄を肝臓がんで亡くしてから5年、今度は私が肝臓がんになってしまいました

  • 給付対象の病名:肝がん
  • 40代・女性
  • 職業:会社員
  • 家族構成:ご夫婦とお子さまひとり

5年前、兄を肝臓がんで亡くした時に、いつか私も同じことが起こるかも、と思い、主人と相談に初めて来ました。がんは、私の人生から避けて通れないと思い、加入してから2年。

さすがにこんな早く宣告されるとまでは思っていませんでしたが・・・

病院でステージ4の肝臓がんと宣告されたその足で保険ほっとラインに来ました。
加入した当時のスタッフの方は不在でしたが、対応していただいた方は、給付の書類の手配だけでなく、私と主人への気遣いの言葉もかけてくださり、何も考えられなかった私達に、これからどうすればいいかのお話と、学校に行っている息子への気配りまでいただきました。
動揺していた主人も冷静になれ、落ち着くことができ、あの時あのタイミングでここに来てよかった、と時々思い出します。

陽子線治療も保険のおかげで自己負担無く受けることができ、治療にかかる費用もほとんど保険でカバーできており本当に助かっています。
ただ、それ以上に私が感じているのは、家族が健康のことで困った時に、頼りになるお店がこんなに近くにあるんだという事です。ひょっとしたら、家族の中で最初に先立つのは私かもしれません。今はもちろん、これからも、私たち家族のことをよろしくお願いします。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「肝がん」の給付体験談一覧 (3件)

保険の給付体験談 一覧へ