初期の子宮頸がんで入院と手術が決まりました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

初期の子宮頸がんで入院と手術が決まりました

  • 給付対象の病名:子宮頸がん
  • 40代・女性
  • 職業:パート(休職中)
  • 家族構成:ご夫婦とお子さま3人

今回、子宮がんになり初期だったとはいえ私も主人も精神的なショックを受けました。
夫婦共働きでしたが20日の入院・手術とこれから抗がん剤治療(月一回が6ヶ月)始まり、当然今の段階で仕事復帰できません。

子供もまだ中学三年生の息子から幼稚園児まで4人いて、私の入院中も主人と長女が家の事、下の弟達の面倒を見てくれて申し訳ない気持ちでした。それと同時に治療費も私たち家族に重くのしかかってきます。今回退院して落ち着いた時に、保険の請求をしようと保険ほっとラインへ連絡しました。

お店まで車で30分程かかる場所だったのですが、家の近所まで来てくれてその場で給付の手続きをしてくれました。これからの治療の事を考えると給付金は有難く、安心して治療が出来ると感じましたし、いつでも何かあれば連絡してくださいと言ってもらえ、給付金だけではない安心があると思いました。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ