相続と相続人|相続と贈与の税金知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『相続と贈与の税金知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:相続と贈与の税金知識

相続と相続人

相続と贈与の税金知識

相続人は、被相続人の配偶者、および一定の血族関係者がなります。

1.相続について
相続とは、人の死亡により、その死亡者(被相続人)が所有していた不動産などの財産や、借入金などの債務を、相続人に承継することです。
2.相続人について
相続人には、配偶者相続人と血族相続人があります。
①配偶者相続人
被相続人の配偶者で、血族相続人が いる・いない に関わらず、常に相続人になります。配偶者は、法律上の婚姻をしている者で、内縁関係にある者は含まれません。
②血族相続人
被相続人の、子どもや孫、父母(祖父母)、兄弟姉妹です。
●子ども:血族相続人の第1順位
被相続人に子どもがいる場合、まず子どもと配偶者が相続人になります。たとえ父母や祖父母、兄弟姉妹がいたとしても、子どもと配偶者だけが相続人になります。相続人となる子どもには、実子だけでなく養子も含まれ、正式な婚姻関係にない人との間に生まれた子どもも、認知されていれば相続人になります。被相続人の死亡時点で胎児であった子どもも、その後に出生したときは、被相続人の死亡時点で既に生まれていたものとみなし、相続人になります。被相続人よりも先に子どもが死亡している場合は、その子どもの子ども(孫)が相続人になります。さらに、孫も被相続人よりも先に死亡している場合、その孫の子ども(曾孫)が相続人になります。これらの孫や曾孫を、代襲相続人といいます。
●父母(祖父母):血族相続人の第2順位
被相続人に子どもがいない場合、父母と配偶者が相続人になります。父母ともに死亡している場合に限り、祖父母が第2順位の相続人となります。
●兄弟姉妹:血族相続人の第3順位
被相続人に子ども、父母(祖父母)がいない場合、兄弟姉妹と配偶者が相続人になります。被相続人よりも先に兄弟姉妹が死亡している場合には、その兄弟姉妹の子ども(甥や姪)が代襲相続人になります。しかし、甥や姪も被相続人よりも先に死亡している場合、その甥や姪の子どもは、代襲相続人になれません。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『相続と贈与の税金知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部