3分でわかる「悪性リンパ腫」のはなし|保険ほっとライン

3分でわかる 病気のはなし

みんな名前は知っている。でも内容は意外と知られていない。そんな「病気」について3分で解説します。

3分でわかる「悪性リンパ腫」のはなし 3分でわかる
「悪性リンパ腫」の
はなし

「悪性リンパ腫」とは、肺がんや胃がんと同じくがんの一種で、臓器などのがんに次いで発症数の多いがんでもあります。
ここでは、悪性リンパ腫について、病気の内容や原因、早期発見のワンポイントなどをまとめていきます。

悪性リンパ腫とは?

まず、悪性リンパ腫とはどのような病気なのでしょうか。
悪性リンパ腫は、体内のリンパ系組織にできたがんの総称を言います。つまりがんのできた組織によっては多くの種類があるのですが、まとめて「悪性リンパ腫」と呼ばれています。

リンパ系組織とは、体の中の免疫に関連する組織です。リンパ節や扁桃腺、脾臓などの臓器や組織、そしてそれらをつなぐリンパ管、リンパ管を流れるリンパ液、などが主な組織です。
つまり全身につながっている組織であることが多く、体全体に広がりやすいがんでもあります。

悪性リンパ腫の原因

悪性リンパ腫の原因は、現在はっきりとはまだ解明されていません。
ウィルスや遺伝、カビによる可能性などさまざまな説があります。

早期発見のためのワンポイント

悪性リンパ腫の症状で最も分かりやすいのは、リンパ節の腫れやしこりです。
リンパ節が多い箇所(首や脇の下、内股の付け根)などに腫れやしこりが出た場合には悪性リンパ腫の症状である可能性もあります。
悪性リンパ腫の腫れやしこりには痛みがない場合が多い為、より注意が必要です。

悪性リンパ腫の生存率

悪性リンパ腫の生存率は、その種類によって大きく異なってきます。
悪性リンパ腫は大きく分類すると「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」の2種類に大別されます。

日本国内であれば、悪性リンパ腫患者の約90%が「非ホジキンリンパ腫」であり、(詳細な病名にもよりますが)5年生存率は早期発見できた場合、およそ70%の生存率。進行している場合では約50%の生存率と言われています。

悪性リンパ腫の治療

悪性リンパ腫の場合は固形がんではないことが多い為、手術による治療が行われることはほとんどありません。
主な治療方法は、放射線治療や抗がん剤を用いた化学療法、骨髄移植などです。同じ血液のがんの病気の白血病と治療方法が似ています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

悪性リンパ腫は自覚症状があまり無く、原因も分かっていない為、予防や早期発見が難しい病気です。

この機会に、現在ご加入の保険が悪性リンパ腫も保障の対象になっているか、一度保障内容をご確認してみてはいかがでしょうか?

ご自身の保障内容がよく分からない方は、ご遠慮なく保険ほっとラインの各店舗にてご相談ください。無料で分かりやすくご説明いたします。

保障内容のご確認など、
無料の保険相談のご予約はこちら!

0120-114-774
受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

【免責事項】
  • 当サイトに掲載された情報に基づいて為された判断を原因として発生したいかなるトラブル・損失・損害に対しても、当社は責任を負いません。
  • 当サイトに掲載された全部又は一部の情報は、予告なく変更・中断することがあります。
  • 当サイトからの情報をご利用になったこと、またはご利用になれなかったことにより生じたいかなるトラブル・損失・損害についても責任を負いませんのでご了承ください。