「まさか自分が」乳がんが見つかりました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

「まさか自分が」乳がんが見つかりました

  • 給付対象の病名:乳がん
  • 40代・女性
  • 職業:会社員
  • 家族構成:1人暮らし、実家にご両親

念のために受診していたがん健診で、先日「乳がん」が見つかりました。

「まさか自分が」と思いショックを受けてしばらく何も手が付けられませんでした。
遠く離れた両親にどのタイミングで伝えるかもとても迷いましたが、不幸中の幸いで「初期発見」でしたので「心配いらないよ」と母に伝えました。母もショックだったようですが、次に出たのが「お金は大丈夫?」という言葉でした。

保険ほっとラインさんに1年程前に相談に行きましたが、独身だし「医療保険」だけ安く入っておけばいいやくらいに思っていましたが、「実家に暮らすご両親に迷惑かけたくないんですね」と言っていただき、色々とお話をして「がん保険」や「死亡保険」にも加入しました。

今回、お金を心配してくれた親にも「保険に入っているから心配ないよ」と言えたことは、スタッフの方にも本当に感謝しています。
給付についてお店に連絡したところ、担当した方とは別のスタッフが電話に出られましたが、親切丁寧に手続きのご案内はもちろん、体のことも気遣っていただき、お店の名前の通り「ほっと」安心することができました。

まだこれから病気と闘っていく身ですが、保険という力でその勇気も貰えたと思います。
あの時、保険ほっとラインに相談して良かったと、心から感謝しています。
今後ともよろしくお願いします。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ