白内障の手術が必要なのに、保険証券を無くしてしまった|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

白内障の手術が必要なのに、保険証券を無くしてしまった

  • 給付対象の病名:白内障
  • 80代以上・女性
  • 職業:年金生活者
  • 家族構成:息子さんと2人暮らし

眼科で白内障の手術が必要と言われ、慌てて保険証券を探しましたが見つからず、担当者もわからなかったので、保険ほっとラインさんへ相談に行きました。

10年以上前から保険会社の保険に入っていたのですが、保険の内容もよく分っておらず、出るか出ないか不安でしたが、その場で照会を掛けてくれ、保険の内容を丁寧に教えてくれ、保険金請求用紙もすぐに出してくれました。

また、母が今の眼科に不満があることを話すと、セカンドオピニオンというものがあり、不満があるのならば他の病院で診てもらうのも良いのではないかとアドバイスも頂きました。

その結果、新しく行った病院ではすぐに手術が必要ではないと言われ、保険会社の保険金請求は取りやめましたが、親身に相談に乗って下さり大変助かりました。

保険の相談というと、何か商品を薦められそうだと思っていたので、高齢の母に行かせるのは正直心配でしたが、まったくそういうことはなく、保険ほっとラインさんで入った保険ではなかったのですが「保険はきちんと受け取ることが大切だ」と最後まで母のことを考えてくれたことがとても有難かったです。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ