胃がんの疑いがあるため入院、検査をすることになりました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

胃がんの疑いがあるため入院、検査をすることになりました

  • 給付対象の病名:胃がん
  • 70代・男性
  • 職業:年金生活者
  • 家族構成:娘さんと2人暮らし

胃がんの疑いがあるため入院、検査をすることになり保険ほっとラインに立ち寄りました。
現在の契約内容の確認と手続きに必要なもの、身体の気遣いととてもうれしく思いました。
がん保険には加入していないため医療保険の請求手続きのみでしたが、その後胃がんの診断が確定、退院後に抗がん剤の治療が始まりました。
それからは病院の通院帰りには必ず立ち寄り、領収証のコピーを渡しながらその日の治療の内容や今後の事も相談に乗ってもらいました。お店の方はいつ行っても誰でも優しく対応してくれました。
通院の給付日数も制限がありますが、きちんと段取りをしてくれており助かっています。
現在の治療中ですが元気を貰い病気にも打ち勝ちたいと思います。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ