夫が健康診断で胃がんと診断されてしまいました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

夫が健康診断で胃がんと診断されてしまいました

  • 給付対象の病名:胃がん
  • 60代・男性
  • 職業:主婦
  • 家族構成:ご夫婦

3年前、主人の健康診断の結果、胃がんと診断されました。
そういえば、主人が会社勤めの時に団体で加入したガン保険があったかな。
でも、会社ももう退職してしまったし、どうしたら良いかわかりませんでした。
そんな時に目に入ってきたのが、「保険会社のご用命は当店へ」と看板をかかげられた保険ほっとラインでした。
いつも、買い物で通っている商店街なのに普段は全く気づきませんでした。

家に帰って主人に話し、一緒に行ってみることにしました。
給付金請求の手続きと、もうひとつ「きちんと倶楽部」の案内をしてくれました。
「他にも保険はご加入ですか?おまとめして分かり易くしておくことができますよ。」
なんだか良くは分からなかったけど、あまりにも親切だったので、主人と私加入することにしました。
それから、3ヶ月に1回くらい主人と保険ほっとラインに通院の請求の手続きをしに伺っておりました。

それからまた、しばらく経って、その日は私一人で伺いました。
「あれ、ご主人様は?」
「実は、先月亡くなってしまったんです・・・。」

「何にかお困りのことは、ないですか? そう言えば、確か生命保険にも加入しておりましたよね?」
ショップスタッフの方は目を赤くしながら、丁寧に生命保険の請求の仕方、書類の取り寄せ方を教えてくださいました。何から手をつけていいかも分からなかったので、すごく助かりました。

その後、子どもたちには、私に何かあったら保険ほっとラインに行くのよと伝えてあります。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ