検査を受けたところ「肺がん」と診断されました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

検査を受けたところ「肺がん」と診断されました

  • 給付対象の病名:肺がん
  • 70代・女性
  • 職業:年金生活
  • 家族構成:お子さまご夫婦と同居

体調がすぐれないので、検査を受けたところ「肺がん」と診断されました。

初めての入院でしたので、いろいろなことが不安でした。同じころに、保険ほっとラインから、保険の内容を一覧にした資料をもらえるとお手紙をいただいていたことを思い出し、とりあえず電話で入院や手術の予定があることを伝えました。

対応いただいたスタッフの方は、今後の入院等の治療予定を確認しながら給付請求のタイミングや現在加入の保障内容について、丁寧に説明してくれました。

これからの治療に対する不安はもちろんでしたが「どれくらいお金がかかるんだろう・・・」という不安がありましたので、こちらの不安に対してはひとまず安心することができました。

3度の入退院を終え、再度保険ほっとラインへ電話をしたところ、前回とは違うスタッフの方が応答されましたが、私のことがきちんと伝達されていて、既に準備していただいている書類を自宅まで持ってきていただくことになりました。

自宅へ訪問してくれたスタッフの方が、「お子様達に渡してください」と私が加入している内容が一覧にされたオレンジのファイルを2冊渡してくれ、「今回のようにご自身で請求ができるときはいいですが、万一の時、お子様からでもスムーズに請求していただけるようにしておいてください」と言われ、そんなことまで心配して準備してくれていたんだととても心強い気持ちになりました。

今後もよろしくお願いします。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

保険の給付体験談 一覧へ