元気だった姉が急に、大腸がんになりました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

元気だった姉が急に、大腸がんになりました

  • 給付対象の病名:大腸がん
  • 70代・女性
  • 職業:年金生活者
  • 家族構成:独身

いつも元気だった姉が、突然、大腸がんを宣告されました。初めての大病でした。
高齢だった姉は、慣れ親しんだ家での治療を望んでいましたが、環境を整えるのが難しく、入院での治療を続けました。
お守り代わりのつもりだった保険は、長引く治療を支えてくれました。
体調も落ちつき、ほっとしていた頃、がんの再発が分かりました。姉には言えませんでした。
やはり在宅治療は難しく、その後、転院先の病院で亡くなりました。

葬儀の準備や遺品の片付けはどうしようか。再発後の保険の手続きはできずにいたけど、貰えるのだろうか・・・。そんな不安でいっぱいの時、たまたま見つけたのが「保険ほっとライン」でした。

お店の方に事情を話すと、姉の保険について確認し、手続きの流れや必要な物を丁寧に教えてくれ、お葬式のことまで、一緒に調べるのを手伝ってくれました。
請求できずにいた入院も含め、保険を受け取ることができ、一周忌をしてあげることもできました。
お礼にと思い伺った時、お店にいらっしゃったのは、以前とは別の方でしたが、名前を告げると、すぐに私のことが分かったようです。

姉のことも落ち着いたので、近々、引越しを予定しています。引越し先の近くにも、お店があると聞いて安心しています。私の加入している保険をまとめたファイルを作ってもらったので、海外に住んでいる弟に渡しておこうと思います。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「大腸がん」の給付体験談一覧 (16件)

保険の給付体験談 一覧へ