3年前のポリープ手術の給付をきっかけに、大腸がんがみつかりました|保険の給付体験談|保険ほっとライン

保険の給付体験談

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

3年前のポリープ手術の給付をきっかけに、大腸がんがみつかりました

  • 給付対象の病名:大腸がん
  • 50代・女性
  • 職業:主婦
  • 家族構成:ご夫婦とお子さま2人

引き落とし口座の変更のために自宅へ来て頂いた際に、加入内容の確認をして下さいました。
「これまで入院や手術をされたことは無かったですか?」と聞かれ、「そういえば3年くらい前に大腸のポリープを取りました。」と言ったところ、「給付の手続きがされて無いようですよ!お調べしますね」とすぐに保険会社へ電話してくれました。そしてすぐに給付の請求書類を用意してくれ、手続きの方法を教えていただきました。
結果、入院・手術給付金として46万円も給付されました。
実は給付手続きのために診断書を病院にもらいに行った事で、今までただのポリープと思っていたのが、
大腸がんと判明し、驚いたとともに病院を変えてすぐに再検査に行きました。
すると今度は大腸に良性ポリープが見つかりすぐに取ってもらうことが出来ました。
さらに給付もいただき、こんなに貰っていいの?と言うと、スタッフの方が「奥様がきちんと保障を持っていたからですよ。」と言ってくださいました。
保険は入った後も、大事なんだなと気づかされました。

保険金や給付金の請求についても
無料相談受付中です

過去の病気やケガの給付金の請求
などもご相談ください

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

「大腸がん」の給付体験談一覧 (16件)

保険の給付体験談 一覧へ