病気やケガの不安|医療保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『医療保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:医療保障の知識

病気やケガの不安

医療保障の知識

病気やケガの不安
病気やケガは誰にでも起こりうる「万が一」です。手術費や入院費などの医療費については多くの方が不安を感じています。医療費は公的医療保険でまかなえますが、個人負担分もあります。「万が一」の時困らないように、公的医療保険のしくみや、実際に病気やケガをした場合の費用など知っておくことが大切です。病気やケガの「万が一」に対して、生命保険の保障を準備することにより、経済的負担の軽減をすることができます。
病気やケガへの不安の内容
20歳代では交通事故など不慮の事故で亡くなるケースが多いですが、40歳代~80歳代まで、ガンが死亡原因の1位となっています。
40歳代~80歳代では、三大疾病(ガン、脳梗塞、心筋梗塞)が死亡原因の過半数を超えています。三大疾病のなかでは、脳血管疾患による入院日数が長期にわたる傾向にあります。
参考資料「厚生労働省 平成24年人口動態統計月報年計」「平成23年患者調査」
病気やケガの「万が一」に備えて
病気やケガに備える手段として、生命保険で広く利用されています。
生命保険には、病気やケガ全般に備えるものや、がんなどの三大疾病に備えるものがあります。どのような保障を準備したいかによって生命保険商品は異なります。
生命保険は、いつ起こるか分からない「万が一」に対して備える手段です。保険選びの際に重要である下記の項目をチェックし、よく検討することをお勧めします。また、契約した後も、適宜保障内容を確認し、必要であれば見直す等上手に活用することがポイントです。ライフスタイルや男女、年代によっても保障のニーズは変化します。どのような保障をどのようなバランスで準備するかも大切です。
①どのような保険に加入していますか?(保険の種類)
②いくらの保障がついていますか?(受け取れる金額)
③いつまで保障が続きますか?(保障が続く期間)
④いくらの保険料をいつまで支払いますか?(負担する保険料、払込の期間)
⑤それはどなた様のための保障ですか?

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『医療保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

医療保障の知識

生命保険商品について

介護保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部