収入保障保険について|基礎知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『基礎知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:基礎知識

収入保障保険について

基礎知識

収入保障保険

死亡時(会社によっては、高度障害状態で働けなくなった場合も含まれます)に、保険金が一時金ではなく毎年(または毎月)分割して支払われる保険です。生命保険会社によっては、生活保障保険、家族生活保障保険などとも呼ばれています。終身保険や定期付終身保険などに、特約として付加する場合もあります。

●メリット
定期保険特約など、一括で支払われる保険金と違い、あらかじめ定められた保険金が、必要な期間だけ分割して支払われますので、生活設計がしやすい保険です。一括で保険金が支払われるタイプと比べるます、保険料はお手頃になっています。
●デメリット
一時金で受け取ることもできますが、その場合は年金総額より減額されます。
●期間
保険金の受取期間が5年、10年などに決まっているタイプ(確定年金タイプ)と、60歳まで、65歳までといった保険期間の残存期間に合わせたタイプ(歳満了タイプ)があります。なお、歳満了タイプで残存期間が少なくなった場合に死亡したときには、最低保証期間(5年や10年など)が設定されているものもある。

保険で困ったことがあれば、
何でもご相談ください

  • 保険の相談実績15年で30万件以上
  • 専門のスタッフが対応

最寄の保険ほっとラインの
店舗にて承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ご予約はお客さまサービスセンターまで

0120-114-774

受付時間 9:00~19:00(土・日・祝もOK)

『基礎知識』
カテゴリの一覧へ

その他のカテゴリ

この記事をシェアする

フリーワード検索

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部