FAQ:仕事を続けながら両親を介護する際の支援制度|介護保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『介護保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:介護保障の知識

FAQ:仕事を続けながら両親を介護する際の支援制度

介護保障の知識

働いている人に介護を要する家族がいる場合、介護をするための休業を取得できる制度があります(育児・介護休業法)。2週間以上の長期にわたり、常時介護を必要とする状態にある家族を介護する場合、対象家族1人につき原則1回、通算93日まで休業できる制度です。対象が、長期の介護ではなく、病院に付き添うなどの短期的な介護の場合には、新たに介護休暇を取得できるようになっています。

介護休業・休暇中の人に給与を支払うかどうかは企業の任意で、企業の就業規則などによります。そのため、雇用保険の加入者であれば、介護休業を取得した場合には、「介護休業給付」を受けることができます。給付金は1人対象家族につき1回の介護休業期間に限り、支給日数×休業開始時の賃金日額の40%となります。休業中に賃金が支払われた場合は、支給額が減額されることがあります。また、休業しない場合にも、時間外労働の一定の時間に限定できるなどの制度もあります。

※公的介護保険制度の詳細は、市町村の公的介護保険制度の窓口までお問合せください。

保険のこと、何でもご相談ください。まずは無料相談

『介護保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

介護保障の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部