公的介護保険の介護サービスを受ける流れ|介護保障の知識|保険ガイド|保険ほっとライン

保険ガイド『介護保障の知識』

「かかりつけ」としてお役に立つ、あなたの街の保険ショップ

カテゴリ:介護保障の知識

公的介護保険の介護サービスを受ける流れ

介護保障の知識

●要介護認定までの流れ

1.申請
本人または家族が市町村の窓口へ(東京23区は区が窓口)
2.認定調査

自宅を調査員が訪問し、次の74項目などについて調査します。

  • 心身の状況(身体機能・起居動作、生活機能、認知機能、精神・行動障害、社会生活への適応に関する62項目
  • 特別な医療に関する12項目
  • 日常生活自立度
3.コンピュータによる判定(一次判定)
4.介護認定審査会(二次判定)
5.認定
6.通知(認定の結果:自立、要支援1~2、要介護1~5)が届きます。(申請から30日以内) 

※要介護認定の有効期間:原則12ヶ月(初回認定は原則6ヶ月)

●認定後サービスを利用するまでの流れ

(A)要支援1~2
  1. 地域包括支援センターに申込します。
  2. 保健師などと相談します。
  3. 介護サービス利用計画(ケアプラン)作成後、本人・家族が同意します。
  4. 契約
  5. 介護予防サービスが始まります。

※介護予防サービス費用の1割を本人負担。

(B)要介護1~5(在宅サービス希望)
  1. 指定居宅介護支援事業所に申込します。
  2. ケアマネジャーと相談します。
  3. 介護サービス利用計画(ケアプラン)作成後、本人・家族が同意します。
  4. 契約
  5. 在宅サービスが始まります。

※在宅サービス費用の1割を本人負担。

(C)要介護1~5(施設サービス希望)
  1. 介護保険施設に直接に申込します。
  2. 必要とする介護、看護、療養の状況に応じて施設を選択し、受け入れの決定となります。
  3. 施設におけるサービス計画策定します。
  4. 介護保険施設と直接契約します。
  5. 施設サービスが始まります。

※施設サービス費用の1割と居住費・食費を本人負担。

※公的介護保険制度の詳細は、市町村の公的介護保険制度の窓口までお問合せください。

保険のこと、何でもご相談ください。まずは無料相談

『介護保障の知識』
カテゴリの一覧へ

この記事をシェアする

フリーワード検索

保険ガイド

介護保障の知識

生命保険商品について

医療保障の知識

生命保険の税金知識

相続と贈与の税金知識

年金の知識

よくあるご質問

保険の用語集

店舗を探す

エリア
都道府県
店舗名

※エリアまたは都道府県のみ選択した場合は、一覧ページへ移動します。

きちんと倶楽部